りりい

アクセスカウンタ

zoom RSS 美術館巡り

<<   作成日時 : 2017/02/09 14:43   >>

ナイス ブログ気持玉 22 / トラックバック 0 / コメント 10

火曜日に、名古屋へ出て、2つの美術館を巡って来ました。

1つは、愛知県美術館の「ゴッホとゴーギャン展」
もう1つは、名古屋市美術館の「日本画の名品」です。
わりと近い距離なので、歩いて移動しました。

まず、愛知県美術館の「ゴッホとゴーギャン展」ですが、この二人展は
日本初だとのことです。

いか、パンフレットより一部抜粋しました。
ファンゴッホとゴーギャンが、南フランスで共同生活を送り、その果てに
ゴッホが起こした耳切り事件は、余りにも有名です。

しかし、それで、関係が破綻したわけではなく、彼らは互いに友情を抱き続けました。
(中略)
「ゴッホとゴーギャン展」では、固い友情で結ばれながらも、時には反発や批判を
抱きつつ、それぞれに芸術の高みを目指す二人の画家の歩みを・・・。

館内は、もちろん撮影禁止でしたので、パンフレットよりコピーや
スキャナーでトリミングした絵を紹介します。

ファンゴッホ  「自画像」  (1887年、パリ) パンフより

画像


ゴッホ  「収穫」  (1988年6月  アルル)
麦畑の明るく輝くような黄金色、青い空、オレンジ色の屋根と白と空色の壁の家、
青い荷車・・・どの色も南仏の明るい風景が美しいです。

画像


ゴッホ  「ゴーギャンの椅子」  (1988年11月  アルル)

★ゴッホがゴーギャンのために購入した肘掛け椅子にその友人の面影を
重ねました。

椅子の上にある本に、ろうそくの灯が明るくあtり、心の中を表して
いるように見えます。

画像


ゴーギャン  「タヒチの3人」  (1889年)一部

画像


ゴーギャン  「肘掛け椅子のひまわり」  (1901年)

★ゴーギャンは、晩年ファンゴッホが好きなひまわりの花を作品に描き、
すでにこの世を去った友に思いを馳せました。

画像


ミュージアムショップで自分へのお土産を買いました。
実は、朝早めに家を出たので、美術館入場が1番でした。
(中学生が団体で、2分ぐらい先に入場したのを除いて)
混み合う美術館は好きではないので、早く出かけたのですが、
自分の気に入る時間に回れていい気分でした。

外に出ると、アルルと同じぐらい、抜けるような青空でした。
お隣にある名古屋のテレビ塔です。
上の方にブルーシートが巻かれていますが、現在、工事中だそうです。

画像


続いて、名古屋市美術館へ移動です.始めは歩いて地上を歩いて
行くつもりでしたが、余りに寒いので、地下街を通ることにしました。
グーグルで調べたら、徒歩9分とのことです。

久しぶりです。中央にある栄のクリスタル広場まで行くと、ここには
春が見つけられました。
菜の花とアリッサムです。その周囲には、春の生け花もありましたが
人出多かったので、菜の花だけ写してきました。

画像


サカエチカを一番西まで歩き、そこからは地上に出て歩きました。
多分、あと半分ぐらいですが、道がよく分からないので、グーグルの地図に頼って
行きました。

近くまで行くと、なぜか子どもたちのワーワーというたくさんの声が聞こえてきます。
子どもたちが遠足で来ていたようです。
この近くには、名古屋市科学館もあるので、見学後の休憩だったかも知れません。

名古屋市美術館では、永青文庫「日本画の名品」をやっています。
旧熊本藩主の16代目 細川護立(もりたつ)が集めた、日本美術史に
残る名品の数々
その細川家に伝わった文化財を保存、研究、公開するのが永青(えいせい)文庫です。

入り口で出迎えてくれたのは、仙高フ禅画

画像


画像


パンフレットの写真より
菱田春草  「黒き猫」  (一部)

画像


菱田春草  「落葉」

画像


画像


小林古径  「髪」

画像


上村松園  「月影」

画像


横山大観  「山路」

画像


白隠慧鶴  「蓮池観音像」

画像


この日からは、後期の展示でした。名古屋市美術館はあまり広くなくて
展示作品数は、少なかったのが残念でした。
記念に、一筆箋を2冊購入。

心地よい感動を後にして、美術館を出ると、何と小雪が舞っていました。
名古屋駅まで歩こうかとも思いましたが、あまりに寒いので、一番近い
地下鉄伏見駅まで急ぎ足で進みました。

久しぶりに、名古屋市科学館を眺め、プラネタリウムの球の真下をくぐり抜けて
北へ行きます。
こんなに寒くなるとは思わず、厚手のコートを着てくるべきでした。

名古屋駅までは、地下鉄で1区間だけ。
せっかく名古屋に出てきたのでと思い、東急ハンズの手芸品やさんにも
寄り道しました。
「私の時間」というお店です。
パッチワーク用のかわいいカットクロスを6枚、ポーチに付ける金具、指ぬきなどを
購入しました。

家に帰ってから歩数計を見たら、12000歩になっていて、いい気分になりました。
たまには、美術展を見て、命の洗濯になったような気がしました。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 22
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
ゴッホとゴーギャン展、新聞で見ました。
わが街から栄・名古屋駅行きの高速バスが1時間に1本出てるのですが、なかなか出かけられません。
この二人展、日本初ですか。
菱田春草の「黒き猫」は有名ですね。
美術館巡りとショッピング、堪能され良かったです。
伏見駅も懐かしい所です。
家に籠ってないで、私も何処かに出かけたくなりました。
12,000歩も歩かれたとは、すごいです〜。
ハーモニー
2017/02/09 18:42
ゴッホとゴーギャン
昨年暮れ東京都美術館で始まりました。
二人の関係はなぞに包まれています。
二人とも凄い作品を残しています。
菱田春草は若くして亡くなったのですね。
良い絵画を鑑賞されましたね。
信徳
2017/02/09 19:32
ハーモニーさん、こんばんは。
名古屋での美術館巡りは久しぶりというか、1日に2箇所も行くと疲れますね。
しかも栄の県美術館から伏見?近くの市美術館まで歩いたので。
白川公園は、車ならいいけど、地下鉄利用だとちょっと不便な場所だとおもいます。
ても、そのおかげで、たくさん歩くことができました。
帰宅してから、胃腸かぜになりました。
りりい
2017/02/09 22:50
信徳さん、こんばんは。
コメントをありがとうございます。
ゴッホの絵は、何回か展覧会で見ているし、オランダのゴッホ美術館へも行きました。
でも、ゴーギャンは、なかなか見る機会もなかったので、今回は良いチャンスだと思いました。
日本画の方は、菱田春草の絵が好みです。
今回は、展示数が少なくて、物足りない感じが残ってしまいました。
でも、名古屋で見られることに感謝です。
りりい
2017/02/09 22:54
こんばんは。
朝早くの美術館は人が少なくてゆっくり鑑賞で来ていいですね。良いこと聞きました。いつも大勢の人の中で観ることが多いのでゆっくりできないので残念な思いをして居ました。ゴッホもゴーギャンも印象的な作品が多いので見応えがあったでしょうね。一転して日本画の上村松園や横山大観の作品はやはり心惹かれますよ^^。
のろばあさん
2017/02/10 22:04
こんばんは!
ゴッホとゴーギャン展良いですね。この頃名古屋へはご無沙汰です。3月20日までですね。まだ日にちがあるので行ってみたいです。
「日本画の名品」こちらも良いですね。
美術館巡りとショッピングで12000歩とは凄いですね。
eko
2017/02/10 23:32
のろさん、おはようございます。
コメントをありがとうございます。
平日でしたし、開館と同時に入れたことで、比較的余裕を持って見ることができました。
近いところだと開館に入ることもできますが、遠いと、そうはいきませんね。
日本画の方は、作品の展示数が少なくて、ちょっとがっかりでした。
りりい
2017/02/11 09:29
ekoさん、おはようございます。
コメントをありがとうございます。
大垣からは名古屋も近いので、ぜひお出かけになるとよいと思います。
県美術館から市美術館まで歩いたので、歩数がぐっと増えましたが、とても寒かったです。
市美術館は、やや交通機関の乗り換えの便が悪いので、歩くしかない!と思い、がんばりました。
おかげで小雪も舞っていたし、風邪も引いてしまいました。
りりい
2017/02/11 09:32
美術館のはしご、優雅な時間を過ごされましたね。
おまけに歩数も上がって、健康にも良かったですね。
混雑している美術館て、落ち着いて観られないので私も好きではありません。
りりいさんは早く出かけられて、良かったですね。
「ゴッホとゴーギャン展」と「日本画の名品展」、西洋と日本の両極端ですが、どちらも名の知られた作品が多く素晴らしいです。
風邪は大丈夫ですか〜?
カンツォーネ
2017/02/12 12:40
カンツォーネさん、おはようございます。
コメントをありがとうございます。
ちょっと久しぶりに美術鑑賞をできたので、うれしかったです。
名古屋では、東京ほどには美術館がありませんので、いいのがあれば見に行きたいと思っています。
予定したら、2〜3日前から体調を整えて準備をします(笑い)。
かぜの具合ですが、本当はもう1週間ぐらい前に美術館へ行こうと思っていたのが、のどの調子が悪く、この日になりました。
ところが、今度は胃腸かぜのような症状で、全快していなかったんですね。ご心配をいただき、ありがとうございます。
もう大丈夫です。
りりい
2017/02/14 08:51

コメントする help

ニックネーム
本 文
美術館巡り りりい/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる