りりい

アクセスカウンタ

zoom RSS 和布で楽しむキルト展

<<   作成日時 : 2017/03/11 13:32   >>

かわいい ブログ気持玉 25 / トラックバック 0 / コメント 8

安城市の南部にある丈山苑 (じょうざんえん) にて和布で楽しむキルト展」が
開かれています。
主催は、安城市の桜井公民館のパッチワークキルト講座を主催している
徳穂直美先生です。

丈山苑の入り口では、ミツマタが満開でした。

画像


画像


入園料は100円です。
上がってすぐ、目の前に飛び込んで来たのは、五月人形の鍾馗(しょうき)さんの古布を
パッチワークしたタペストリー

画像


愛知県では、端午の節句に、家の中には段飾りの五月人形を飾り、
家の外には、鯉のぼりや鍾馗さんの幟を立てる風習があります。
お嫁さんの実家から送られてくることが多いです。

最近では、鯉のぼりもミニサイズ化していますし、幟を立てる家も数少なくなりました。

画像


鍾馗さんのタペストリーの両側には、かわいい鯉のぼりの吊し飾りがありました。
また、花、餅を付けた枝にも、小さなちいさなさるぼぼの吊るし飾り

画像


春らしい雰囲気です。

画像


画像


和室に飾られていますので、和布のキルトとの相性がよく、落ち着いた雰囲気です。
ひときわ目を引いた、ヒマワリのキルト。花が立体的で、インパクトがあります。

画像


画像


吊し飾りの展示にも凝っていました。

画像


季節にあったお雛様の手仕事も素敵でした。

画像


↑作者のお母様の着物を記念にキルトにされたのだそうです。
黒地に赤い花が効果的にキルトされています。

画像


↑お雛様の上下の花は、桃の花でしょうか。これも立体的になっています。

↓こういう飾り台があると、タペストリーや吊し飾りには都合がいいですね。
ネコちゃんが乗っかっていますよ。

画像


↓藍色を生かして、和の雰囲気がよく出ていました。

画像


↓ 花餅とさるぼぼのコラボレーション、飛騨高山の手仕事から来ているようです。

画像


↓ 今年の干支  酉年のニワトリ、ひよこの作品がずら〜り。

画像


この先生の教室は、毎年、中部国際空港のロビーに、大きなキルトを展示されています。
そこに、出品したキルトです。

画像


ほのぼのとした童話の世界
テーマに合わせた布選び、デザインがすばらしいと思いました。

安城市は、昨年、新美南吉生誕100年記念の行事がありました。
それにちなんで、でしょう.新美南吉の童話の1コマ1コマがキルト作品になっていました。

画像


色使いも素敵。ポイントになるアクセントカラーが生きていると思いました。
新美南吉は、安城高等女学校の英語教師として、5年間勤めました。
(ちなみに、我が家の義母は、その5年間、南吉先生に担任してもらったそうです)

画像


中部国際空港に展示された作品の内の一つ
源氏物語千年絵巻

画像


画像


画像


もみじの葉の紅葉のグラデーションをパッチワークで素敵に表現されていて、
もう感動!したのなんの。 
ものすごい大作で、いったい何か月ぐらいちくちくしたのでしょう?
大きさは、たて3m、横2mぐらいでしょうか。いいえ、もう少し大きいように感じました。

画像


この作品を見ていると、春ももうすぐだなあと思いますね。
展示を見ているときに、当番をしている方から声を掛けられて「・・・さんですか?」と。
ところが、私はお名前が浮かばない。
こんなことが、ときどきあるようになりました。

20年ぐらい前に勤務していた学校の時のお知り合いのようでした。
お子さんを担任はしていないと思い、よく考えたら、PTAの役員さんをやってくださった
ようでした。世間は狭いなあとつくづく思いました。

画像


外に出たところで・・・

画像


画像


画像


駐車場の横では、オウバイ(多分?)を見つけました。花は、ほんの少しだけ。

画像


日射しは強く、暖かいのですが、風が冷たくて、体感温度は冬でした。
目の保養になりました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 25
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
今晩は!
寒い日が続き草花は開花を躊躇しているようです。
サクラの開花も3〜4日遅れるようです。
そうは言っても大方の草花は季節に合わせて開花して
目を楽しませてくれます。
また室内でもキルト展で楽しまれているのですね。
色々な創作品に目が奪われた楽しい時間を過ごされた事でしょう。
信徳
2017/03/11 20:49
春の足音が聞こえそうですが、もうひと息ですね。

キルト展は和布を使って温かみのある作品で
素敵です。
お雛さまの吊るし飾りをよく見ますが、鯉のぼりの
飾りも可愛いですね。
日本的なキルト作品は色使いが繊細できれいです。

童話や物語、季節の花を上手に作品に仕上げていて
写真を見ていても楽しいです。
りりいさんは実際に見て、参考になったでしょうね。
さくらいろ
2017/03/11 21:55
信徳さん、コメントをありがとうございます。
キルト展は、撮影が×ということも時々あるのですが、今回は先生も会場にいらっしゃって、許可してくださいました。
よかったです。
写真がないと、やはり私の拙い言葉だけでは十分に伝えられないので、よかったです。
大きいタペストリーは、間近で見ると、圧巻でした。
でも、作るのは本当に大変なことで、目と肩にどしんと疲れがたまります。
私のパッチワークの先生は、ベッドカバーをパッチワークで作って、肩が持病になってしまったそうです。
それでも、好きなことはやめられない?
りりい
2017/03/13 08:47
さくらいろさん、コメントをありがとうございます。
至近距離で作品を見ると、つなぎ方やキルトの進め方などもしっかり見られて、満足がいきます。
題材もいろいろ多種多様で、よく工夫された展示でした。
参考になりましたよ〜。
りりい
2017/03/13 08:49
ほのぼのとした和布展ですね。
お写真から拝見すると鯉のぼりも吊るし雛のようですね。
花餅にさるぼぼを付けるのも素敵です。
お義母さま、新美南吉先生に担任していただいたのですか?想い出も一入でしょうね。
ハーモニー
2017/03/13 23:38
もう力作ばかりですね〜。
立体的なものや、3m×2mのものもあって、すごいな〜と思います。

皆さん家事やお仕事の合間に、チクチクされてるのでしょう。
とても素敵な趣味だと思います。
カンツォーネ
2017/03/15 20:47
ハーモニーさん、こんにちは。
素敵な和布のキルト展でした。
特に、タペストリーという平面作品に、部分的に立体を取り入れた斬新さに魅了されました。
まだ、私の技術では到底無理だと思っていたら、先回の教室で、「ハナミズキ」というモチーフですが、花びらの部分が半立体になっていました。
まだ、花が2個できたところで、これからですが、春のタペストリーに仕上がる予定です。
りりい
2017/03/16 15:31
カンツォーネさん、こんにちは。
本当に大きな作品がたくさん展示されていて、圧倒されました。大きいのは、キルトが大変なんです.手が届かない部分もあるぐらいですから。
とても勉強になりました。
今月は、もう一度、名古屋のデパートでキルト展があるので、楽しみです。
りりい
2017/03/16 15:33

コメントする help

ニックネーム
本 文
和布で楽しむキルト展 りりい/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる