りりい

アクセスカウンタ

zoom RSS 和布ティッシュケースとキルティングのポーチ

<<   作成日時 : 2013/02/24 00:02   >>

ナイス ブログ気持玉 16 / トラックバック 1 / コメント 6

雨水の日には、文字通り雨が降ったと思いきや、一昨日に続き
昨日も小雪の舞う天気でした。

青森の酸ケ湯温泉では,5m15cmも積雪があったと聞き、驚くばかりです。
慣れていらっしゃるとは言え、雪かき雪下ろしなど、体力勝負とあって
大変なご苦労をされていらっしゃると思います。
「お疲れ様です。」と言うのも変だし、どんな言葉をかけたらよいのかも
分かりません。お体を大事になさってください。

こちらは「寒い寒い」と言いながらも、冬の青空に喜び、布団を干すことのできる
ありがたさに感謝しています。

そんな中、少しずつですが、手仕事を進めています。

まず、和布のティッシュケースの続きです。
2種類作りました。
1つめは、表地が紺色の着物生地のリメイクです。
地味な色なので、裏地に未使用の赤いハンカチを切って使ってみました。
表側にちらりと見せて、おしゃれっぽくしました。

画像


2つめは、銘仙の子供用の着物生地のりメイクです。
先回と同様で、細長い布に接着芯を貼り、折りたたんで形を作ります。

画像


画像


前の職場の若い同僚にプレゼントしました。

次は、キルティング生地を利用したポーチです。
内側にポケットをつけて、旅行用のアクセサリー入れにするつもりです。
外から見ると、デジカメケースにも使えそうです。(やや大きすぎるけど)

画像


「パッチワークで作る 小さめのバッグと暮らしの小物」という本を
参考にしました。

<材料>外側用布(私はキルティング生地を使用) 20×30cm
      内側用布(マチ・裏布分 含む )50×45cm
      接着芯  25×30cm
      40cmファスナー  

★出来上がり寸法   13×15.5cm

<作り方>
@ 外側用布地を裁ち、アップリケをする。
   使わなかったエプロンのふくろうの柄部分を切り取ってあったので、
   それをアップリケしました。

画像


A 内側用布地を裁ち、接着芯をアイロンで貼る。
   ポケットを作り、ミシンで縫い付ける。

画像


画像


(内側の作り方)
カーブをぐし縫いし、内側に縮める。アイロンでしっかり押さえておくと良い。

画像


B ファスナーとマチを縫う。マチをつなぐ。(表はミシン縫い、裏はまつり縫い)

画像


C 外側生地とマチ(ファスナーつき)を縫い合わせる。
  続いて、内側生地とマチを縫い合わせる。

画像


画像


なぜか、右左で、上下が微妙にずれてしまいました。でも、
ファスナーは、ちゃんと締まりました(苦笑)

D 内側布を本体にまつり付ける。

画像


画像


反省   苦手なファスナー付けで失敗しました。縫ったりほどしたり・・・
    途中でくじけそうになりましたが、なんとか最後まで到着。

    マチの幅が、やや広かったので、厚みのあるポーチになってしまいました。
    採寸を正確にしなかった(ちょっと手抜きしたために)のが、あとまで
    悪影響で、ゆがんだポーチになってしまいました。

    ブログに載せるような作品ではないのですが、一応完成したので
    載せさせていただきました。

    キルティング生地を使用したので、キルト綿にキルティングをしなくて
    いいから、楽です。(キルティングは苦手なので)

参考にした本では、ソーイングケースになっていて、内側はポケットや糸巻き通し、
はさみかけ、ピンクッションなどが付けてありました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 16
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい かわいい かわいい

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
VISVIM サンダル
和布ティッシュケースとキルティングのポーチ りりい/ウェブリブログ ...続きを見る
VISVIM サンダル
2013/07/09 22:41

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
銘仙で作ったティッシュケースは可愛いですね。折りたたんでしまえるのがミソですね。
キルティングの布を加工するのは大変だったですね。一昨目としては及第点でしょう。左右でゆがんでしまったのは、カーブの形が違うからでしょうか。つまり、外周の長さが左右でちがってくるからだと思えますが、いかがでしょう。
長さん
2013/02/24 08:15
長さん、こんにちは。左右の位置がずれたのは、左のをマチとファスナーにつけるときは中間点を計ってぬいつけたのですが、右側は目分量で、ほぼここが真ん中!っていう感じでまち針を打っていき縫ってしまったからだと思います。
こういういい加減なところが私の最もいけないところだと思います。
どうにか使えるポーチではありますが、友達にプレゼントしたりするのは無理です。(反省です)
家を建てるのでも、この辺かな?で作っていたら柱や壁が合いませんよね。
小物づくりでも、同じです。きちんとした採寸ができていないと、でき上がりで泣くことになります。(あ〜あ)
りりい
2013/02/24 14:32
寒いですね!
北日本はこの冬一番の寒気団が来ているそうです。その影響でしょうね。そんな時にはテッシュケース、ポーチなど楽しいでしょうね。出来上がったものはどこにもない世界でただ一つ。
信徳
2013/02/24 19:30
信徳さん、おはようございます。昨年の夏の終わりには、「今年の冬は暖冬」などという気象予報士さんもいましたが、とんでもないことになりましたね。
地球温暖化といっても、今年に限っては、どこかへ飛んでいったようです。
とにかく、連日、寒い北風です。雪国の方には申し訳ないですが。
りりい
2013/02/25 09:07
こんばんわ。
こちらは昨日、また4cmほど雪が積もりました。
全く寒い日が続いています!

和布のティッシュケース、素敵ですね♪
銘仙・・・懐かしいです。
ふくろうのアップリケで、ポーチを作られたんですね。
良い感じに仕上がっていますよ✩
少々失敗しても、手作りに勝るものはありません。
りりいさん、頑張ってらっしゃる〜! それに比べて私は・・・(涙)
ハーモニー
2013/02/25 20:31
ハーモニーさん、うれしいコメントをありがとうございます。
ティッシュケースは、実家の母や妹、二人の姪らにプレゼントしてきました。
ポーチ作りは下手ですが、楽しいです。少しずつ新しいデザインにチャレンジです。
りりい
2013/03/01 18:17

コメントする help

ニックネーム
本 文
和布ティッシュケースとキルティングのポーチ りりい/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる