りりい

アクセスカウンタ

zoom RSS ひな祭り

<<   作成日時 : 2013/03/03 21:20   >>

ナイス ブログ気持玉 18 / トラックバック 0 / コメント 18

♪ 灯りをつけましょ ぼんぼりに〜 お花をあげましょ 桃の花〜 ♪

今日はひな祭り。
我が家にも立ち雛がありました。

画像


お雛様が、少し外側を向いていらっしゃいますが、けんかをしている
わけではありません。(たまたまです)

こちらは、昨年もアップしたものです。
檜でできています。

画像


三河地方では、お雛様に、「いがまんじゅう」をお供えするのが
一般的です。・・十年前に、こちらへ嫁いで来たとき、「ナニソレ?」でした。

いがまんじゅうは、餅生地のお饅頭の中にあんこが入っていて
上に餅米に赤・黄色・緑に色付けしたものをのせてあります。
あんこは、こしあん、粒あんの2種類です。

画像


写真のうち、生地が緑色のは、草餅仕立てです。(粒あん)
白い方は、こし餡入りでした。

昔は、各家庭で作られていたそうですが、今は和菓子屋さんで
買っています。
素朴ないがまんじゅう、給食にも一度は必ず出されます。

この地方だけのものと思っていましたが、ネットで調べてみると
福井県などにもあるようです。
伊賀まんじゅうとも書くので、たぶん三重県伊賀市にもあるのでしょう。
お正月開けると、すぐにお店には並びます。

私にとっては、お手頃価格で買えるのもうれしいです。
ところが、すぐ隣の尾張地方には全くと言って良いほど売られていないのです。
不思議なことですね。
(3月3日中に、アップするのが間に合ってほっとしました。)

今日はひな祭りなので、お寿司を作りました。
例年、ひな祭りは「ちらし寿司」が定番なのですが、今年は
目先を変えようと思い、いなり寿司と、太巻き寿司にしました。

昼間、畑にじゃがいもを植えました。その畑で、人参、里芋、ゴボウを掘って
もらい、夕食に、竹前煮を作りました。そして、菜の花のおひたし、
アサリの味噌汁。野菜類はすべて自給自足で、大満足です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 18
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(18件)

内 容 ニックネーム/日時
お宅には可愛いひな人形があるんですね。檜のお雛様も変わっていて面白い。
こちらの方では、ひな祭りのお菓子というと、雛あられと菱餅が定番です。
長さん
2013/03/03 22:11
長さん、こんばんは。
早速コメントをいただき、ありがとうございます。
私の実家(尾張地方、名古屋のすぐ隣ですが)でも、雛あられ、菱餅を飾っていました。(お供えしました。)
それと、尾張と三河地方共通で、「おこし餅」通称「おこしもん」というのがありました。
長方形の板の中に、宝船・鯛、松竹梅、扇などの形が掘られた型があります。
大きさも,大・中・小あります。米粉をお湯でこねたものを、型の大きさに分け、
その型の中に詰めて平にします。反対向きにポンと起こすと、型から出てきます。
それを、せいろで蒸して柔らかくし、蒸し終えたら、食用色粉を溶いたのを、部分的に色付けして出来上がり。
子供の頃は、ひな祭り前に一日中、おこしもん作りを手伝いました。
今では、小さいの5個詰めパックで、298円ぐらいで売られています。
りりい
2013/03/03 22:40
あっという間にひな祭りも終わってしまいました。
この時期、なかなかゆっくりと楽しめないのですが、
こちらに寄らせていただき、ほっこりしました。
同じ愛知県でも地域によって違いはあるものですね。
三河地方のことはあまり知らないので
なるほどなぁ〜と思いました。
自給自足の野菜類、いいですね。
新鮮なものを食べられること、うらやましいです。
もう、じゃがいもの植え付けの季節なのですね。
理科の教材の関係で学年園に6年生が植えるのは4月。
食べるわけではないから遅くてもいいのかもしれませんね。
ツェツェ
2013/03/04 00:36
りりいさん おはようございます♪

立派な立ち雛ですね。良い御顔だわ〜
背景の書も素敵です(*^^)v
木彫りの御雛様は初めて拝見しました。
木目を生かした柄が素敵ですヽ(^。^)ノ
「いがまんじゅう」、春らしい綺麗な色ですね❤❤❤
御当地物って色々有るんですね。

食べ物では 有りませんが御正月に鳶の梯子乗りをUPしたときに関東だけの風習だと初めて知りました。
ブロク゛は 知らなかった知識も増えて楽しいです
eisui
2013/03/04 05:53
今年は慌ただしくて、お雛様を一つも見ることなく、雛まつりが過ぎてしまいました。
いがまんじゅうは、栗のイガに似ているから、その名がついたのかと思いましたが、伊賀まんじゅうとも書くのですね。
いずれにしても、私は初めて見た気がします。
カンツォーネ
2013/03/04 21:01
立雛…素敵なお雛様ですね。
いがまんじゅうは、こちらでは見かけません。聞いたこともないですね〜。
春らしくてひな祭りにピッタリですね。
あうら
2013/03/04 21:03
立ち雛、いいお顔で、素敵ですね。
その地方地方によって様々な祝い方があるんですね。お供えするものも違ってその土地の伝統ですね。いがまんじゅう、美味しそう。こちらにはありませんね。普通に雛あられに、菱餅です。
eko
2013/03/04 21:38
立ち雛のお二人とも上品な顔立ちですね〜♪ それに檜のお雛様も素敵です!!! 伊賀饅頭をお供えするのも珍しいです。三重県に伊賀地方にもお土産やさんで伊賀餅が売られていて時々買い求めます。上に数粒の色付けした米粒が載っていたと思います。同じ地方でも少し離れると食べ物が違う事がありびっくりしますね。
のろばあさん
2013/03/04 22:50
二つの立雛、いい雰囲気です!。少し横を向いているのが何ともいい。我が家だと、もう少し傾けるかも・・・・檜の雛の顔の作りがおもしろいですね。
いがまんじゅうというのは、初めて見ました。おいしそうですね。その地方独特の文化、大事にして行きたいですね。
木の実
2013/03/05 09:45
昨日、今日と気持ちよい朝を迎えました。やはりお日様が出てると、
すっきりしますね。
3/3も過ぎました。あっという間です。5/5端午の節句 大型店には
5月人形、鯉のぼりなど沢山展示されていますね。男の子が生まれた家では、
御祝いで大変ですね。
「いがもち」三河地方にも、有るのですね。
作家「宇野千代」さんの好物で、ふるさと 岩国でも作られ、販売してますよ。素朴な味ですね。
yoshi
2013/03/05 10:39
ツェツェさん、毎日のお仕事、お疲れ様です。
学年末ということで高学年の担任さんは、気持ちも引き締まり、格別な思いでいらっしゃることでしょう。
がんばりすぎないでね。
理科の教材としてのじゃがいもは、5年生が3月中に植えるといいです。
それを自分たちが6年生になって観察し、7月に掘って食べられますから。
時期を逸すると、夏休みなってしまいます。
(過去に6年生4月に植えて、失敗した経験があります)
りりい
2013/03/06 08:27
eisuiさん、おはようございます。
背景の墨絵は、昨年8月に岐阜県高山市の山桜神社の絵馬市で求めたものです。
毎年8月に高山まで行って買ってきます。(縁起物です)
いがまんじゅうですが、埼玉県にもあるようです。
三河とは、少し違うようです。
りりい
2013/03/06 08:30
カンツォーネさん、おはようございます。
お雛様を見ない3月というのも、ちょっと寂しい
それほどお忙しいということでしょうか。
でも、春先のお花を見て楽しんでいらっしゃるから大丈夫ですね。
りりい
2013/03/06 08:32
あうらさん、おはようございます。
いがまんじゅうの上にのっているパステルカラーの餅米。
色が春らしいので、ひな祭りにぴったり!
菱餅の色と同じです。
りりい
2013/03/06 08:33
ekoさん、おはようございます。
私の実家は、名古屋の隣の町なので、いがまんじゅうではなくて、菱餅とひなあられ、おこしもの(おこしもん)でした。
菱餅とおこしもんは、早朝から家族総出でたくさん作り、お寺にお供えもしたし、名古屋の親戚に届けたりしました。
ああ、なつかしい!
りりい
2013/03/06 08:36
のろばあさん、おはようございます。
いがまんじゅうの上に乗っている色の付いたもち米が、「栗のいがに似ているから」と言うのは、聞いたことがあります。(私自身は、あんまり似ているようには思えないけど)伊賀まんじゅうの方が説得力があるような気がしたのですが、確かな情報はありません。
りりい
2013/03/06 08:39
木の実さん、おはようございます。
このブログにコメントいただいてから、改めてネットで「いがまんじゅう」について調べてみました。けっこう各地にあって、驚いたほどです。
埼玉県、広島県、三重県にもありました。
素朴なお饅頭で、家でも作られるようです。
りりい
2013/03/06 08:41
yoshiさん、おはようございます。
広島の尾道にも「いがまんじゅう」があるのですね。yoshiさんのコメントを見て、ネットでも調べてみて初めて知りました。
それぞれの地方でつながっている伝統的なお菓子が、ずっと続くといいと思います。
私の実家(尾張)では、菱餅と「おこしもん」というのをずっと作っていました。
早朝から家族総出で、餅つき(草餅も)をして、おこしもん作りでした。
「おこしもん」というのは、「おこしもの」または「おこし餅」がなまっているみたいです。縁起物の木型(宝船,鯛、扇、松竹梅などなど)に米粉を熱湯でこねた物を詰めて、こんと台にひっくり返し(起こして)、それをせいろで蒸し、そのあと、赤・黄色・緑の食用色粉をうすく溶いたのを筆で部分的に色付けします。
冷ましてお供えしました。保存できます。
5段の菱餅の上に飾り、お寺や親戚にも配りました。
今では、小さな「おこしもの」がスーパーで真空パックで売られています。
ちなみに、これらの木型は、もう作られていないので、希少価値とのこと。
大きさによりけりですが、何千円もするそうです。
りりい
2013/03/06 08:51

コメントする help

ニックネーム
本 文
ひな祭り りりい/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる