パン教室 & アゲハ

昨日は、パン教室の日でした。作ったものは、
①プディング ショコラ (チョコレートケーキ)

画像


②カフェオーレ食パン

画像


③ブルーベリーブレッド (長皿にあるパン)

画像


④あずき牛乳寒天 (上の写真で、茶色のお皿にある、カップ入りのもの)

⑤シーフードとアボガドのテリーヌ(黄緑色のもの)

①のショコラケーキは、まず、プディング生地をつくります。

画像


↑ カカオの入った生地を天板に流したところ。これをオーブンで焼きます。
クレームカフェ(コーヒーを入れた生クリーム)とシャンティ(生クリーム)を
カカオ生地の間にサンドします。
仕上げに、クレームカフェを丸口金の絞り袋に入れて、かわいく絞ります。

②のカフェオーレ食パンは、白いパン生地とコーヒーを加えたパン生地を
作り、白い生地を広げた上に、コーヒー入りの生地を広げて乗せ、
ぐるぐると巻き込みます。
食パン型に入れて、オーブンで焼くと、上の写真のようなマーブル模様の
食パンになります。

③のブルーベリーブレッドはパン生地にドライブルーベリーを混ぜて丸めます。

トッピングに、ヨーグルトクリームを絞り袋に入れて、ぐるぐると渦巻き状に
しぼり、スライスアーモンドとグラニュー糖をふりかけてあります。

④のあすき牛乳寒天は、夏向きの冷たいおやつです。

⑤のシーフードとアボガドのテリーヌはパン食用の洋風の簡単おかずです。
テリーヌは、本当は四角い型に入れて固めますが、時間がかかるので
お皿に入れて、冷蔵庫で固めました。
レシピです。

<材料>
ボイル海老 約100g
カニ風味かまぼこ  80g
アボガド   1/2個
きゅうり    1本
水       1カップ
洋風スープの素  大1/2
板ゼラチン  10g
塩・こしょう

<作り方>
1 ゼラチンは氷水でしとらせる。
2 エビは殻をむき、1cmに切る。カニかまも1cmに切る。
  アボガドは種を取り除き、皮をむいて、1cm角に切る。ボウルに入れておく。
3 きゅうりはヘタを切って、皮ごとすりおpろし、軽く汁を絞る。
4 鍋に水をいれ、中火にかけて、沸騰したら、スープの素を加えて混ぜる。
  火からおろし、すぐに「ふやかしたゼラチン、すりおろした胡瓜、塩、こしょうを
  少々加える。
5 ボウルに移し替え、底を氷水に当てて、ゴムベラで混ぜながら冷ます。
  ヨーグルトくらいのとろみ。
6 2のボウルに、5をいれ、全体にからめる。
  ガラス小鉢に入れ、表面を平らにする。冷蔵庫で冷やし固める。
  (さっぱりした、洋風のおかずです)

<おまけ>  ピーマンジャム(先生が作っておいてくださった)
ピーマン300g、砂糖 100~150g、レモン汁 1/2個、りんご擦りおろし 1/2個
<作り方>
1 ピーマンの種を取り、細かく切って。一度茹でて水洗いする。
2 1を鍋に入れて、材料の砂糖以下を加えて、ピーマンが柔らかくなるまで煮る。
  (ピーマンが硬いようなら、水を加えて再度煮る)
*冷めたら保存容器に入れる。
大人の味のジャムです。食パンにつけて食べてみてください。
おいしいですよ。ゴーヤで作っても良いそうです。

例によって、パン教室の先生のおうちのディスプレーです。
玄関を入ると、大きな鉢に睡蓮の花。その隣には水琴窟。
センサーがついていて、人が通ると感知して、水が流れる仕掛け。
先生のご主人の作です。

画像


画像


水音が涼しさを演出していました。
部屋に入ると、こちらには、パン作りの先生の作られた水琴窟

画像


手の込んだ壺?

画像


先週、南米を旅されたそうで、そのお土産。
ペルーのオカリナとアルパカのマスコット

画像


画像


8月はパン教室は夏休みです。
先生は、陶芸の大作に取り掛かるとのこと。秋の文化祭に出品予定だそうです。

部屋の中は冷房してあっても、オーブンが4台働いているので、暑いこと!

帰宅すると、ギボウシにアゲハがとまっているのを発見。

画像


最初は1匹でしたが、そこに友達が飛んできました。

画像


羽を大きく開いたところ

画像


隣の茎にとまった!

画像


片方が羽を閉じた。

画像


偶然そこへ夫が帰宅。「交尾するんじゃないか?」

画像


カメラが近づきすぎたためか、飛び去ってしまいました。残念。
仲良しアゲハのお話でした。

長々と綴ってしまいました。最後までお読みくださり、ありがとうございました。
パン作りの途中写真も撮ったのですが、多くなるので、省略しました。

この記事へのコメント

2013年07月24日 08:13
お早うございます!
楽しそうなパン作り(ケーキ作り)ですね。とっても美味しそう!先生のお宅はアイデアいっぱいの飾りが凄いです。アゲハもユックリと訪問しギボウシの上で遊んでいったんですね。
りりい
2013年07月24日 08:33
信徳さん、こちらにも訪問くださり、ありがとうございます。
実は、このアゲハを写したあと、大変なことが
義母がそこへやってきて、「このきゅうりを台所へ置いてきて」と言うので、「ハイハイ」と手を伸ばすとき、手に持っていたデジカメをエプロンのポケットに入れようとしたら、いつも使っているエプロンではなく(パン教室用のエプロンだったので、)ポケットの位置が少し横にあったため、なんとデジカメを庭に落としてしまいました!ガツン!といやな音がして・・・。
見たら、液晶に細い傷(ひび)が入ってしまいました。
表面だけなので、使うには支障はなさそうですが、ショックです。
もうすぐまる2年になるところ。気に入っていたカメラなので残念です。
2013年07月24日 20:38
暑い中でのパン作り、お疲れさまでした。
美味しく出来たようで、よかったですね~。
私は食べるだけの人なので、レシピは素通りさせていただきましたけど。

仲良しアゲハの、恋の邪魔をしてしまったのですね。
でも場所はいっぱいあるでしょうから。

カメラを落としてしまったのですね。
私も前に使っていたものは、落として壊してしまいました。
お気に入りが壊れるのは、残念ですね。
2013年07月24日 20:47
こんばんは
アゲハのご夫婦、ステキな舞を見せてくれたのですね。今年はどういう訳か、みかんの木にアゲハが来ません!蝶が少ないです!天候不順のせい?ところで、その後のハプニング、残念でしたね。アゲハが「恋路を邪魔された」と思ったのでしょうか?形あるものは、いつかは壊れると言いますから…
りりい
2013年07月25日 07:54
カンツォーネさん、おはようございます。
パン作りは、習っても家ではなかなか再現できません。
でも、夕食に「シーフードとアボガドのテリーヌ」だけ作りました。
ひんやりした夏向きの洋風おかずの一品になりました。
味ですか?もちろんでした。
りりい
2013年07月25日 07:56
ミックンさん、おはようございます。
確かに、アゲハの恋路の邪魔をしてしまったみたいです。
我が家のミカンの木にも、アゲハの到来が少なかったですよ。
例年は、もっと卵をたくさん産み付けて、幼虫も見かけますが、今年は少なかったです。
2013年07月26日 00:01
パン教室、いつ見ても美味しそうですね。暑い中ご苦労様でした。
先生宅のディスプレーも素敵なものが飾られていますね。
アゲハチョウの舞、素敵に撮れています。
カメラ、残念でしたね。
2013年07月26日 06:42
パン教室、美味しそうで羨ましい❤❤❤
先生宅のディスプレーも素敵ね♪
大きな睡蓮の鉢や水琴窟。
涼しさの演出が 素敵ヽ(^。^)ノ
揚羽蝶をいろんな角度から撮ってくれたので
一層楽しめました
りりい
2013年07月26日 23:37
先生の家のディスプレーを見るのも、毎回の楽しみの一つです。
陶芸の腕前は本格的ですよね。
大きい作品は、土をこねるのも大変だそうです。
りりい
2013年07月26日 23:38
ekoさん、すみません。上のコメントはekoさん宛でした。
りりい
2013年07月26日 23:41
eisuiさん、こんばんは。
家の中に水琴窟を見たのは初めてでした。
しかもセンサー付きと聞いて、これにも驚きました。
今日は別のところで、アオスジアゲハを見かけたのですが、飛ぶのが速いのと、位置的に普通のアゲハより高いところを飛ぶので、とてもカメラでは追えませんでした。
アオスジアゲハのコバルトブルーが大好きなんです。
2013年07月28日 21:15
今晩は。
パン教室ではパンだけでなくお菓子やお洒落なお料理なども教えてくださるのですね。先生のお宅がとっても素敵なので訪問が楽しみですよね^^。
蝶も恋の季節でしょうかカップルで飛んでいますね♪
りりい
2013年07月28日 22:42
のろばあさん、こちらにもコメントをいただき、ありがとうございました。
パン教室の先生は、同年代なのですが、とても活動的な方で、テニス歴20年、陶芸もそれぐらいやっていらっしゃるとのこと。
さらにボランティア活動もされていて、パワフルな方です。
それと、海外旅行もたくさん行ってらっしゃっていて、話題に事欠きません。
2013年07月29日 20:23
いつも美味しそうなパン教室ですね。
カフェオーレ食ぱんの形といい色といい~食べてみたいです♪
アゲハチョウもとても綺麗に撮れていますね。
2013年08月01日 11:28
カフェオレ食パン、普通の生地にコーヒーパン生地を載せて焼くんですね。
とてもオシャレなパンですね♪
今度作ってみよっと。
ピーマンジャムも初めてです。これも興味があります。
ペルーのオカリナ、形も変わってて模様も素敵です。
陶芸も奥が深そう…壺のような?花瓶のような器、こういうデザイン&色合い、大好きです☆
それにしても、ご自宅に水琴窟があるとは!♪
りりい
2013年08月10日 15:25
あうらさん、今頃すみません。ずっとコメントに気が付きませんでした。
パン教室、楽しいですが、品数が多すぎて、全然おぼわりません。
2品ぐらいだったら、何とか覚えられるかな~と思うのですが。
りりい
2013年08月10日 15:28
ハーモニーさん、今頃すみません。コメントに気が付きませんでした。
もし、よろしければ、レシピをメールの添付ファイルで送る方法もあります。
先生の趣味の陶芸は、玄人並みだと思います。
お皿や湯飲みは、みなさん作られると思いますが、さすがに水琴窟はびっくりしました。
たぶん、今頃汗かいて、新作を作っていらっしゃることと思います。

この記事へのトラックバック