ひるがの高原 牧歌の里 2

月曜日に訪れた岐阜県のひるがの高原 牧歌の里ウォーキングの
続きです。
なだらかな丘に、広大なお花畑があります。
赤くなりつつあるコキア (ホウキ草)。手前にあるのは、ロシアンセージ
花言葉は、「私はあなたに打ち明けます」

画像


画像


北海道の富良野へ行くと、こんな感じでしょうか。夏にしか行ったことがないので
秋の様子は想像するのみですが。

画像


コキアとサルビアが赤の饗宴を開いているようです。
コキアとラベンダーの取り合わせもあります。
青い空に白い雲が雄大に広がっていて、これも秋の高原なればこそ!

画像


教会も景色を引き立たせています。

画像


ルドベキア・タカオ だと思います。別名はコーンフラワー(松笠菊)
 花言葉は「鮮やかな態度」

画像


珍しいグミの花と赤い実を発見しました。アキグミです。
子供の頃、小学校の集合場所に、この木が1本あり、実を食べたことがあります。
あれは、たぶん夏グミだと思います。花言葉は、「野生美、用心深い」

画像


画像


やはり高原には、白樺が似合います。

画像


イロハカエデでしょうか。きれいに紅葉していました。

画像


この後、木ぼっくりミュージアムに入りました。ここは、造形作家、水野政雄さんが
木の小枝から生み出した森の妖精「木ぼっくり」の展示場。
水野さんは、高校の美術教師などを経て、絵画、切り絵、造形作品などの
創作活動をしている方。(ここの近く郡上のご出身)
このミュージアムでは、木ぼっくりたちが音楽を奏でたり、虫や魚と遊んだり、
木ぼっくりの素朴で心温まる暮らしは、まさにファンタジーです。(ネットより引用)

画像


画像


画像


光のトンネルをくぐっていきます。

画像


数々の木工作品があります。しかも、それらが動く仕掛けになっています。

画像


画像


画像


ひょうたんやスクナカボチャ(飛騨の特産品の細長いカボチャ)も生きています。

画像


画像


ほかに、手作り体験をする部屋があって、オカリナの絵付け、トールペイント、
ブレスレット作りなどを楽しむことができます。

ミュージアムの外に出ると、シュウカイドウが真っ盛りでした。
花言葉は、「自然を愛す、片思い」

画像


この後は、動物とのふれあい広場に足を伸ばしました。
続きは、また明日。最後までおつきあいくださり、ありがとうございました。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 22

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい

この記事へのコメント

2013年10月23日 08:02
コキアは真っ赤になりますから、たくさん植えられていると壮観ですね。これに色々な花をアレンジしてあるのも楽しいですね。
しらかばなみきや教会風の建物がある風景、いいですね。
木の枝を使った作品、なかなかファンタジー。
りりい
2013年10月23日 21:29
長さん、こんばんは。いつもコメントをありがとうございます。
2日ほど前には、ここから白山が見えたそうです。
白山にも初冠雪があったとか。なだらかな丘を歩きながら空を見上げると
青い空、白い雲。その雲が見るたびに形を変え、目を楽しませてくれました。
この近くには、スキー場があって、秋はコキアパークになっていて、
真っ赤なコキア畑が延々と続きます。地方TVのニュースで放送していました。
2013年10月23日 23:19
りりいさん、ひるがの・牧歌の里にお出かけでしたか。
お天気の良い日に行かれたんですね☆
牧歌の里はもう何年も訪ねていませんが、教会の風景が懐かしく思えます。
コキアの赤、綺麗ですね♪
花言葉も魅力的です。

ミュージアムがあるとは知りませんでした。
体験コーナー、面白そうです。。
yoshi
2013年10月24日 09:47
ひるがの高原、素敵な所ですね。
白樺の道もいいなぁ!! 
そういえば、ほうき草今年はまだ見てないですね。
「木ぽっくりミュージアム」楽しそうですね。
りりい
2013年10月24日 22:22
ハーモニーさん、こんばんは。
この月曜日以外は、前も後ろもずっと曇りか雨の天気だったので、ラッキーでした。おかげさまで秋晴れの下、フラワーウォッチングを楽しむことができました。
やはり高原の澄んだ空気は違いますね。
コキア畑も行ってみたです。
りりい
2013年10月24日 22:28
yoshiさん、こんばんは。
標高約1000mですから、紅葉が始まると、じきに雪の季節がやってきます。
飛騨では、夏の間、高原に放牧していた牛を里へ下ろすのが始まったそうです。
木ぼっくりミュージアムは、時間があれば、もっと一つずつゆっくり見たいぐらいでした。
おまけですが、このひるがの高原は分水嶺になっていて、水の流れが日本海側と太平洋側とに分かれる地点があります。
分水嶺公園から流れ出る水が、一方は庄川から北の日本海へ、もう一方は長良川から南の太平洋へ流れていきます。大自然と壮大なロマンを感じさせます。
2013年10月27日 23:13
コキアの紅葉が真っ赤で綺麗ですね。
教会の風景、懐かしいです。
木ぼっくりミュージアム、楽しい作品が並んでいますね。ここは知らなかったです。手作り体験はいろいろありますね。時間があれば体験するのも楽しいでしょうね。
りりい
2013年10月28日 09:22
ekoさん、おはようございます。
ここの教会では、申し込めば結婚式もできるそうです。
二人だけのささやかな結婚式も、思い出に残るかも?
手作りはものによっては、予約が必要らしいです。
材料の準備や先生も来てくれるかな。
この近くのコキアパークも真っ赤な季節が訪れているようです。
2013年10月29日 20:45
コキアが見事ですね!
こんな見所いっぱいのところ一度は訪れてみたいです♪
光のトンネルを見てこちらで有名な「なばなの里」のイルミネーションを連想しました。木工作品も可愛いですね。
りりい
2013年11月01日 08:22
のろばあさん、おはようございます。
先日、高山へお出かけになられたと思いますが、その近くです。
車だと行きやすいところです。
命の洗濯ができました。木工も細工が細かくて、かわいいものばかりです。

この記事へのトラックバック