パッチワーク クリスマス

10月のハロウィンのパッチワークが完成してから、次は
秋のアップリケをしようかなと考えていましたが、時間はどんどん
過ぎていき、旅行に行くなどしていたので、それをしないうちに
いつしか季節は冬の様相に。
そんな日々の中、秋を通り越して、クリスマスの飾りをちくちく
進めてきました。

昼間は何かと用事があるので、ほとんど夜なべ仕事です。

画像


中心のサンタさんのアップリケが一番気に入っています。
中段左のレモンスター、下段左のシューフライの変形は
パッチワークの基本形の中にあるものですが、またまた失敗作で
左右の寸法が合わなくなってしまいました。

クリスマスというと、赤・緑・白の色が基調になりますが、
この3色にはそれぞれ意味があることをご存じでしたか?
私は、今回初めて、このパッチワークを通して知りました。
以下、ネットより引用します。

「 赤はキリストが流した血の色で愛を。
緑はキリストがつけていたひいらぎの冠にちなみ、永遠の命や愛を。
白はクリスマスに降る雪で純潔や春を待つ希望を表すと言われています。

特に宗教色の強くない日本のクリスマスですが、このクリスマスカラーに
込められた意味を知るだけでも、クリスマスが愛や命を祝う素敵なイベントで
あることを感じるきっかけになるかもしれません。

また、色の観点から見ても、赤と緑は互いを美しく見せ合う最高のパートナー。
白を加えることでより明瞭感を増し、きれいで見えやすく人目を引くとても
よくできた配色と言えます。
赤を基調としたクリスマスカラーは見た目も華やかで気持ちを盛り上げてくれますし、
なんといっても赤は体感温度を上げてくれるあったかカラー。
寒いこの時期にはとてもふさわしい色使いと言えるでしょう。」

少し長くなってしまいましたが、クリスマスの色の意味を紹介させていただきました。

今回もパッチワークの本を参考にしながら、勝手に模様を
つないでみましたが、布もあり合わせなので、パッチワークには向かない
厚い布も使ってしまいました。やはり厚い布では縫いにくいです。
基本から外れたことをすると、やはり苦労します。

きょうのおまけは、サザンカの花。11月9日の誕生花です。
花言葉は、「謙譲・ひたむきな愛・愛嬌」

画像


紅葉してきたケヤキ

画像


その下で見つけた小さい白い花

画像


画像


たくさん花がついていましたが、名前が分かりません。

昨日は、名古屋国際ホテルで中学校の同年会がありました。
先生お二人、元生徒は男子24名、女子17名の出席でした。
幹事だったので、9月から打ち合わせや準備をしてきました。
男子の中でトランペットの演奏と、バンド仲間で高校生の頃に
流行したベンチャーズの懐かしい曲、寺内タカシとブルージーンズ?の曲など
エレキビターやドラムでの演奏をしてもらいました。
とても賑やかな同年会でした。
幹事を終えてほっと一息の秋の一日。

午前中は柿(富有柿)の収穫とラッカセイの収穫をしました。
ラッカセイは、昨年の残りの種を少しだけ播いたそうですが、
かごに一杯とれて、塩ゆでにして食べました。
久しぶりに食べて、けっこうおいしく味わいました。
写真は撮り忘れました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 15

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい

この記事へのコメント

2013年11月24日 23:44
半月ほどブログをお休みしていた間、色々お忙しかったのですね。
パッチワーク、大変でしたね。クリス丸カラーに意味があったなんて、初めて知りましたよ。
白い小さな花、多分ヒイラギだと思います。クリスマスに相応しい花です。
ヒイラギの葉はトゲトゲがありますが、老木になると葉が丸くなってしまうのです。
2013年11月24日 23:47
すみません、ヒイラギの一種のマルバヒイラギかもしれません。
りりい
2013年11月25日 08:27
長さん、毎度のことながらお世話になります。
そして、ありがとうございました。ヒイラギにマルバの種類があるとは驚きました。
実は「えっ!ほんと?」と疑ってしまい、確認しました。すみません。
なるほど、マルバヒイラギですね。長さんは本当に植物にお詳しいですこと。
尊敬します。
さくらいろ
2013年11月25日 23:35
可愛いパッチワークの完成ですね。
オリジナル作品という感じで素敵です。
夜なべ仕事になっても、作りたいという気持ちが針を
持たせますね。
時間のかかる手仕事ですが、出来上がると本当に
嬉しいですよね。よく分かります。
サンタさんもよくできているし、使っている布地も
クリスマスらしさが出ていると思います。
もう飾っているのでしょうか。
2013年11月26日 16:03
お忙しい中でも、ハッチワークに励んでいらっしゃったのですね。えらい!
私はキリスト教系の学校を出ていますが、赤・緑・白の由来を知りませんでした。
というよりも、遥か昔のことで忘れてしまったのかも。

同年会、盛況に終わって良かったですね。お疲れ様でした。
りりい
2013年11月28日 22:51
さくらいろさん、パッチワークを見ていただき、ありがとうございます。
ブログに載せるなんて未熟な作品で恥ずかしいのですが、やはりコメントをいただくのは嬉しいものです。
左側が足りなくなっているのが失敗です。
25日に初めて教室へ行き、基本のパターンを一つ勉強してきました。
順次経過報告しますね。またご指導をよろしくお願いします。
りりい
2013年11月28日 22:53
カンツォーネさん、こんばんは。
実は私も最終はミッション系の大学ですが、クリスマスのこと何も知りません。
公立高校から入ると、入学式などでいきなり賛美歌でしたから、何も歌えませんでした(苦笑)。
同年会はなんとか終わって、ほっとしました。でも、一人ではないからチームワークの大切さを改めて(今頃?)感じました。
2013年11月30日 22:10
パッチワークの腕が上達されたのでは^^。手作り作品を飾っていいクリスマスになりそうですね。同窓会の幹事さんお疲れ様でした。お世話するのは気疲れしますから・・・ほっとされたことでしょう。
柿や落花生の収穫にと本当にお忙しそうです♪
りりい
2013年12月02日 08:27
のろばあさん、おはようございます。
いえいえ私は主役ではないので、農作業は指示待ち人間で、のんびりです。
パッチワークは未だに要領を得ません。
今日は2回目の教室なので楽しみです。

この記事へのトラックバック