四季桜咲く

安城市の明治用水緑道には、ほんの少しですが、「四季桜」が植えられています。
「ほたるの里」の近くです。
今日、用があって三河安城へ向かう途中で、四季桜が咲いているのに
出会い、ラッキーでした。 ( 撮影は帰路に忘れずに車を停めて)

ここの四季桜は、豊田市小原地区より苗木を取り寄せて植えられた物だそうです。
その由来は・・・ (以下、ネットよりコピーです)

<由来>
小原の四季桜は、豊田市小原北町の藤本玄碩という医師が文政年間内の始めに名古屋方面から苗を求めて、植えたのが親木となって、広まったものと言われております。

<特徴>
マメザクラ×エドヒガンの種間雑種と考えられ、花は一重の白又は淡紅色です。夏の間に充実した花芽が秋から冬にかけて順次咲き、小さい花芽は冬を越して3月中頃から咲き始めます。そのためか春は花と同時に葉が出て、花の数も秋に比べてかなり少なくなります。

画像


春に咲くソメイヨシノとは、だいぶ花の付き方が違います。

画像


桜の下に小川が流れていて、緋鯉が泳いでいるので、1枚の写真に
入れようと、鯉が近づくのをねらいました。

画像


↑ せせらぎに鯉が泳いでいるのが見えますでしょうか?

画像


緑の葉が付いている木もあります。

画像


すぐ近くに紅葉したソメイヨシノもあります。

画像


明治用水緑道にはソメイヨシノ、モミジなども沢山植えられていますが、
常緑樹もたくさんあって、夏の散歩のときには、緑陰で休むこともできます。

反対側には、秋らしくススキがなびいていました。

画像


三河安城では、学生時代の友人で、この近くの市に住んでいる仲間と
ランチとおしゃべり会を楽しんできました。
そのうちの一人が京都国立博物館で公開されていた「鳥獣戯画」を
見てきたという話を聞き、うらやまし~い。
(何時間も並んで見てきたそうです。私はテレビで修復のエピソードの
番組を見ましたが)

和紙だからこその修復技術。 少し前に、日本の手漉き和紙の技術が
無形文化遺産になったというニュースも耳に新しいです。
そのおみやげに、チケットホルダーをもらいました。

画像


次に見られるのは100年後になるとか・・・え~本当?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 21

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

2014年11月11日 22:49
1枚目の四季桜、たくさん花が咲いているようですね。
画像をクリックしたら、鯉が確認出来ました。
鳥獣戯画の修復、我が家でも見ていました。
裏と表に書かれていたなんてビックリでした。
2014年11月11日 23:59
こんばんは!
シキザクラ、たくさん咲いているんですね。
鯉見えましたよ。
鳥獣戯画の放送見ていました。修復する作業をすると今まで分からなかったことが解明されますね。両面に書かれていたとは驚きました。
京都国立博物館、凄い行列が出来ていましたね。
yoshi
2014年11月12日 10:19
四季桜、このあたりで言ってる「冬桜」にあたるのでしょうかね~~~。
「鳥獣戯画」の修復 TVで見ました。
脈絡ない画面が繋がっている原因、和紙だから出来たのでしょうね。
素晴らしい修復技能です。驚きました。
2014年11月12日 18:45
四季桜、楚々として可愛いですね♪
鯉、写ってます。分かりますよ。
京都国立博物館で開催されている「鳥獣戯画」、凄い人気のようですね!列をなして並んでる様子を放映してました。
残念ながら私は修復作業は見ることが出来ませんでしたが。。

こちらの美濃和紙も無形文化遺産に登録され、嬉しいです☆
2014年11月12日 19:19
こんばんは
四季桜が咲いてますねその下のせせらぎに確かに鯉を発見なんだか、優雅な春日よりという感じですね。
「和紙」が注目されている今、「鳥獣戯画」の修復といい、日本の文化のすごいところですね。以前に、埼玉の小川和紙の体験をしたことがあります。地道な作業でびっくりしたものです。
りりい
2014年11月13日 08:34
長さん、おはようございます。
京都国立博物館では11月24日まで見られますが、東京でも来年5月に展示されるそうです。東京は必ず展示とか、芸能なども見られて、時間がある人にはセレクトして見られていいですね。さすが首都東京。
私も和紙の両面に描くれていたことを知って、感動しました。
りりい
2014年11月13日 08:36
ekoさん、おはようございます。
木の全体像で見ると満開のように見えますが、近くで見ると、ちらほらでした。
でも、これが四季桜の咲き方なんです。
京都では24日までと言いますが、行けそうにはありません
りりい
2014年11月13日 08:38
yoshiさん、おはようございます。
和紙の両面に描かれていたことに驚き、それをはがして修復した技術に再度驚きました。
日本の和紙の力にも感動でした。なにしろ1000年前の鳥獣戯画ですから。
りりい
2014年11月13日 08:40
ハーモニーさん、おはようございます。
美濃和紙の産地に住んでいらっしゃるハーモニーさんにとっても、うれしいことですね。
修復のことですが、来週19日の夜10時○分から、BSジャパンで再放送される予定です。お時間が合いましたら、見るチャンスはありますよ。
りりい
2014年11月13日 08:44
ミックンさん、おはようございます。
昨年はこの時期に東京へ行き、浅草寺でジュウガツザクラとスカイツリーのコラボを見てきました。全くの偶然で、桜を写そうとカメラを構えたら、その向こうにスカイツリーも見えました。
愛知県でも豊田市小原地区に「小原和紙」(おばらわし)を作っているところがあって、紙すき体験などもできます。
伝統技術を保存、伝承していけるよう、環境を作っていくことが大切だと思いました。
2014年11月13日 18:42
こちらで四季桜を探していますが、見付からず。
多分農家の庭先にでも咲いてるでしょうが、一言云わないと。
他では都心の公園かな?。
緑の葉が付いてる桜花も良きかな。
お友達から頂いたチケットホルダーは立派な宝物ですね。
この絵の(全部)模造を買いましたが、何処へ行ったやら。
りりい
2014年11月15日 15:17
成城ヒロさん、こんにちは。
ソメイヨシノの豪華さとはまた違った静かな咲き方の桜のように思います。
チケットホルダー、なんだかもったいなくて使いづらいのが本音です。

この記事へのトラックバック