宮路山もみじまつりウォーキング

11月初め、公民館祭りの時ふと手にしたウォーキングの案内ちらし。
宮路山・・・名前すら聞いたことのない山です。
簡単なコース説明を読むと、朝はゆっくりだし、帰りも遅くないので行けそうです。
友達に声を掛けて、参加することになりました。

11月22日(日)各地から紅葉の便りを聞くので、どこかへ行けたらいいなと
思っていたので、好都合?でした。

9:30 新安城駅に集合。体育協会の方が申込者をチェックしてくれました。

9:46 名鉄 新安城駅発(急行)・・・途中、美合駅で乗り換え(普通)

10:12 名電赤坂着・・・徒歩・・・国道1号線を地下道で横断
      (おしゃべりしていたので、国道1号線を横断したことに気付かず)
      赤坂紅里で、 旧東海道に出て右折。北西に向けて少し歩くと、
      旅籠 大橋屋の前を通りました。

赤坂宿は、江戸時代東海道の宿場町の一つです。

画像


なんとご主人が旅人姿でお出迎え。大橋屋は、27年3月まで営業していたと言うから驚きです。
大橋屋については、説明をネットよりコピーさせていただきます。

「赤坂宿の佇まいを今に伝える老舗です。
安藤広重の「東海道五十三次・赤坂宿舎招婦図」のモデルになっています。また、芭蕉が宿泊し、句を読んだともいわれている創業江戸中期とされる宿です。
元の屋号を「伊右ェ門鯉屋」といい、市指定文化財にもなっています。」

画像


東海道の宿場は、豊橋市の吉田宿ー御油(ごゆ)宿ー赤坂宿ー藤川宿ー岡崎宿・・・
となっています。
看板を写しましたが、すり切れて読みづらい状態でした。

画像


少しだけ中に入らせていただきましたが、暗~い。

画像


普段は閉じていますが、イベントの時だけ中を見学できるのだそうです。
帰りに時間があったら寄れるかも?

再び旧東海道を歩きます。道幅が狭く、車のすれ違いも大変。
おまけにウォ-キングする私たちのグループが約60人余り1列で歩いているので
地元の方にはご迷惑を掛けています。
サザンカの花が美しく咲いていました。

画像


しばらくすると、「よらまいかん」という広場でトイレ休憩。
数が足りないので、豊川市の学習館らしき新しい建物まで行ってトイレを借りた人もいました。
体育協会の方から行程の説明と交通安全の注意を聞きました。記念撮影もあり。
個人的に簡単な準備運動をして出発です。

10:45 スタートの予定でしたが、トイレに時間がかかり、11時近くなっていました。
すぐに旧東海道から離れて、公道に入りました。(人数が多いので広い道を通るらしい)
豊川市道宮地線を途中まで歩いて行きます。

大橋屋さんでいただいた「宮路山登山マップ」

画像


いきなり登りが続きます。ゆるい坂ですが、日ごろの運動不足からして大丈夫?
と、自分の足が心配になってきました。
時計を見るのを忘れていたので正確に時間は分かりませんが、20分あまり歩いたと
思う頃、いよいよ登山道へ入ります。
ここで、小休憩です。お茶を少し飲んで、朝の気温に合わせて着てきたジャンバーを
脱ぎました。(ここまでに、もう汗をしっかりかきました。)

画像


登山道とはいうものの、よく踏み固められた歩きやすい道です。

画像


今回のメンバーの中には、80才を超えているらしい方も何人か参加しておられます。
「花の森」コースを歩きます。でも、花は一つも見かけませんでした。

木の説明板は所々にありました。
もみじまつり・・・でも、もみじも紅葉した木も全くなくて、緑の木ばかり。
暑いのなんの。もっと薄着で来ればよかったと反省するばかり。
だんだん急な坂になり、道幅の狭い所も多くなりました。これでは、
ウォーキングと言うより、本格的な登山ではないかと、自分の運動不足を棚の上に上げて・・・

画像


ようやく目の前が明るくなり、やっと第1駐車場に着きました。
ここが、宮路山もみじまつりの会場です。
「雲助弁当」というのがあると聞いていたので、テントの方へ行くと、
「つい先ほど、なくなってしまいました。ふるまい弁当だったんですが。」

画像


残念!同行した友達は、雲助弁当を楽しみにして、自分のお弁当を持参していませんでした。
それで、別のテントで販売していた「山菜おこわ(黒米)」を購入。450円也
私は、イベントで売られている物を試食。栗蒸しようかん、もみじ饅頭、栗ようかん・・・
葛湯もおいしそうでしたが、猫舌の私には短時間でいただくのは無理。

画像


このとき、12:10ぐらいでした。12:30から餅つきがあって、今度は、きな粉餅がふるまわれるという
案内が出ました。それまでに頂上まで行ってこよう!と決めて、山頂へ向かいます。

画像


急な坂道が続きます。ドウダン展望コースとトンネルコースがありましたが、
展望コースを選択しました。
四阿があったけど、休憩しているヒマはありません。ドウダンツツジの木が
たくさんあり、紅葉が始まってはいましたが、まだ5分?7分?
暖かい秋のせいか、紅葉が遅れているそうです。

画像


画像


途中で、退職前に勤務していた職場の上司に遭遇してびっくり。
彼は、グループではなく友人と参加していて、その友人が私の友達と知り合い
だったのが面白い出会いでした。お元気そうで何よりです。
13分ぐらいで山頂に到着。標高362.3mですが、すぐ南は、三河湾です。

画像


開けた方を見ると、下の街並みがかすかに見えました。天気は薄曇りで、眺望は
あまりよくありません。

画像


シートを広げて、お茶を一口。でも、ゆっくりしていると、またきな粉餅に間に合わないかも!
すぐに下山しなくては!

画像


今度は、トンネルコースを通ることにしました。急な下りで、膝ががくがくしてきました。
でも、友達のスピードは速い速い!ついていくのに必死の思いです。
彼女は日ごろからテニスをやっていて、運動はバッチリです。

せせらぎがありましたが、水量はほんの少し。

画像


12:37ぐらい。休憩所に戻り、きな粉餅の振る舞いの列に並びます。間に合った-。
と思いきや、なんと私たちのちょうど一人前で、お餅はお仕舞いに・・・!
ショックーー!
山頂でシートを広げただけ遅れたような気分です。家で食べられるのに、なんだか
イベントだから楽しみにしていただけに残念でした。

ここで、やっとお弁当を広げることができました。私はおにぎり2個、ゆで卵、ミカンです。
友達は、先ほど買った黒米の山菜おこわとミカン。
山菜おこわを少し試食させてもらいましたが、栗、しめじなどの秋の味覚も入っていて
おいしかったです。家へのお土産に、買いたい気がしましたが、荷物を持ちたくないので
やめました。

ここで、また服を1枚減らして、帰路につきました。13:10出発(予定通りです)
14:00に「よらまいかん」広場に集合ということです。

下りはけっこういいスピードで歩いて、前を歩いている人をどんどんぬかしました。
よらまいかんの休憩所に着いたのも早い方でした。

画像


みんなが集まったら、協会の方の話を聞いて、駅まで歩きます。
「お土産を買いたい人は、グリーンセンターで。」と言われますが、そんなの
来るときにあったかしら?見た覚えがありません?

また旧東海道を歩いて帰りました。帰りに国道1号線を見つけて、
グリーンセンターも発見。朝も同じ道路を歩いたのに、何も見えていなかった・・・。
足元だけを見て歩いていたのでしょうか?
これは、「老い」の兆候かも知れません。どうしよう?

と思いつつも、元気に名電赤坂駅に到着。
時刻表を見ると、毎時29分59分しか電車がありません。
私たちには、ちょうどいい時間に電車が来ますが、地域の方にとっては1時間に
2本の電車は不自由だろうなと思いました。

名電赤坂14:20発(普通)・・・本宿乗り換え(急行)・・・新安城着14:54

なんと午後3時前に帰って来ました。
駅から家までは自転車なのですが、膝ががくがくしているので大丈夫かなと心配。
でも、乗ってみたら、普通に乗れました。
自分自身に「お疲れ様」と言ってしまいそうです。

天気予報は「曇り」「寒くなる」とのことだったので、暖かい服装で出かけてしまい、
これは失敗でした。運動するのだから、それなりに脱ぎ着しやすい服装、
汗を吸い取る服などの心がけが全然ダメでした。
次回にこういう機会があったら、この反省を生かしたいと思いました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 20

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2015年11月23日 13:26
宮路山、2週間ほど前に立ち寄った場所です。
車で第一駐車場へ行き、展望コースを少し歩きました。
ドウダンツツジの紅葉が見られるかなと思ったら、
まったく見られずガッカリしたのです。
だけど、今秋でもまだ紅葉の途中なのですから仕方ありませんね。
ハイキングコースなのかな、結構大変そうだなと思っていたので
りりいさんが歩いたこと、すごいなぁと感嘆してしまいました。
私には…きっと無理な気がします。
2015年11月23日 15:22
旅人姿の店主、粋ですね~。
宮路山という名前は初耳です。
初心者でも大丈夫な山でしょうか?でも、りりいさんの記事を読んでると、きつそう。。
其処に売ってる雲助弁当、売り切れでしたか。残念でしたね(笑)
きな粉餅もお終い?何ということでしょう(笑)

程よい汗をかき、山登りされ、良き1日でしたね。
お疲れ様でした!
2015年11月23日 16:30
こんにちは!
程良い汗をかき良いウォーキングでしたね。愛知県にも赤坂宿があるのですね。びっくりしました。こちらは中山道の赤坂宿です。
紅葉は気候のせいで遅れているのでしょうね。こちらは今年はイマイチ残念のようです。
雲助弁当、きな粉餅、売り切れとは残念でした。予想以上に賑わったということでしょうね。
お疲れ様でした。
りりい
2015年11月23日 18:20
ツェツェさん、こんばんは。
2週間前に同じ山に行かれたとは、びっくりしました。私は安城市発なので、こんな近くに、おばさんが登れるような山があったことに驚きました。
東三河の山では、若いときに鳳来寺山に登り、在職中には数回、本宮山(ほんぐうさん)に登ったことがあるけれど、今回はけっこう急な登りがあって、きつかったですね。年齢のせいだから仕方が無いかな?
いえいえ同行された方の中では、まあ中ぐらいの年齢でしたから(見た目判断で、すみません)、こんなことを言っていては恥ずかしいです。
体力をつけなければいけないと反省しまくりです。
紅葉は今年は綺麗になる前に終わりそうな予感がします。
りりい
2015年11月23日 18:22
ハーモニーさん、こんばんは。
雲助弁当やきな粉餅、有料だったら、間に合ったかも知れません。
無料のふるまい(サービス)でした。
でも、有料でいいから、雲助弁当という名前が面白いので、見てみたかったです。
今日もまだ足に昨日の疲れが残っています。
りりい
2015年11月23日 18:25
ekoさん、こんばんは。
確かに中山道にも赤坂宿がありましたね。
この秋に、小説「一路」という中山道を江戸へ行く参勤道中の本を読みました。
とても面白い話で、笑いあり、涙ありでした。
大垣あたりの小さい藩から江戸へ向かう話です。BSでドラマの放送をしたそうですが、見逃してしまいました。
山歩きは、昔は好きでした。疲れたけど、いい汗をかきました。
2015年11月23日 21:19
お疲れさまでした~。
雲助弁当やきな粉餅は、わずかの差で間に合わなかったけれど、よいハイキングでしたね。
確かりりいさんは、学生時代ワンゲル部でしたよね?
どうしても運動不足になってしまうので、たまには軽登山をしたいです。
私も心がけなければ。
2015年11月24日 08:48
ご無沙汰しています。
もみじを愛でながらのハイキング良かったですね。
楽しい情景が出てきて読んでいてもとても楽しい雰囲気が伝わってきました。
りりい
2015年11月24日 20:24
カンツォーネさん、こんばんは。
本当に楽しくて、汗をかいた登山でした。
ワンゲル時代も、体力の無い私はメンバーに迷惑の掛けっぱなしでした。
登りながら、遅れてしまうので、今回でもう登山はやめようと思っているのですが、頂上へ着くと一変!「次はどこの山ですか?」と先輩に聞いている始末!
でも、汗を掻いて登っただけあって、山頂からの眺めは絶景。
これを見ると、また登りたくなってしまうものです。
登山ではなく、平地を歩くのなら大丈夫なんですが。
りりい
2015年11月24日 20:27
信徳さん、こんばんは。
もう少し紅葉しているとよかったですね。早かったというか、今年の紅葉そのものが、この辺りでは美しくないようです。気温が高いのが原因です。
群馬や東北は綺麗で紅葉が楽しめたでしょうね。
遊び半分でのウォーキングでした。友達とも気が合って、楽しい思い出ができました。(ちょっと恥ずかしい文章ですね)

この記事へのトラックバック