パッチワークで ハンドルカバー

久しぶりにパッチワークの作品をアップします。
ハワイアンキルト風の「ハンドルカバー」を作りました。

画像


暑くなると、車から降りて用を足して戻ると、ハンドルがとても
熱くなっています。昨年までは、タオルを掛けたり、自分の手には
ドライバー用の手袋をして、しのいできましたが、
ずっと、カバーを作れないかなと思っていました。

パッチワークの本に、丸い形のショルダーバッグが載っていて、「これだ!」
と思い、ハンドルカバーに応用できる確信を得ました(大げさな言い方)。

ハワイアンキルトで夏らしいイメージなのも気に入りました。
本では、無地の横のパッチワークに、緑色のモンステラの葉をアップリケしてありました。
私は家にある布を使いたかったので、横の布には、柄がありますが
グリーンからブルー系の夏向きの布を選びました。
モンステラの葉の型紙は、本の巻末にあった実物大の型紙を利用しました。

画像


横向きに太さを変えて布をつなぎ、円形にカットします。
円の直径は、42cm (トヨタのアクアに合わせてあります。もう少し
ハンドルの直径が大きくても、これで入ります)
その上に、緑の葉をアップリケしました。
横向きの布、葉の布それぞれに落としキルティング、葉の方は
葉脈にキルティングをしました。

そして、周囲をバイアステープで始末をしました。

画像


後ろ側(フロントガラス側)の形は、実際のハンドルに合わせて、新聞紙で
形を取り、横向きに布をつないでから、カットしました。
こちらは、ハイビスカスの花をアップリケしました。

画像


写真は、花をキルティングしてから、周囲にバイアステープでしつけをしたところです。

運転席側とフロントガラス側のそれぞれができたら、2枚の布を上から大体1/3ぐらいまでの
位置までをかがり縫いで綴じていきます。

画像


画像


それで完成です。
まだ、ハンドルが熱いほどの季節ではありませんが、暑くなる前に
完成してよかったです。
手荒れのために、想定よりも遅くなってしまいましたが、間に合った~。

おまけは、名鉄新安城駅のロータリーで咲いていたハナミズキ。  ミズキ科
別名 「アメリカヤマボウシ」  花言葉 「公平にする」

画像


パンジーもそろそろ終わりに近づきました。

画像


我が家のミカンの木の下では、やっとシランが咲き始めました。
日陰なので、遅いです。   ラン科  「互いに忘れない」

画像


最後までお読みいただき、ありがとうございました。
熊本地震の被害が次々と分かってきて、大変な暮らしを余儀なくされていらっしゃいます。
お見舞い申し上げます。
ボランティアの方々も、入れるようになったそうですが、すべて自前で
衣食住をしなければならないとのこと。がんばってください。

この記事へのコメント

2016年04月23日 12:59
ハンドルカバーにキルティングとは良いアイディアですね。
夏は、ちょっとの間でも室内の気温はかなり上昇してしまいますから、露天の駐車にはもってこいですね。
今年はハナミズキも早く咲き出しました。
2016年04月23日 20:48
丸い形のショルダーバッグから発想を得て
オリジナルでハンドルカバーを作られるとは…すごいです!
ハワイアンなデザインも夏にはピッタリな気がします。
爽やかな色合いも素敵だなぁと思いました。
暑い夏は車に乗るのも躊躇するほどの室内温度ですが
これなら楽しんでドライブできそうですね♪
りりい
2016年04月23日 22:25
長さん、こんばんは。ハワイアンキルトの大きな葉っぱは、無地の、または無地に近い布の方が葉をはっきりと強調できたかなと少し反省しています。でも、持っている布を使ってやるのも大事なことかな。
夏前に完成できて、一安心しています。
りりい
2016年04月23日 22:28
ツェツェさん、こんばんは。
夏場は、短い時間でもスーパーで買い物などをしているうちに、車内温度は急上昇しますので、以前からカバーを作りたいと思っていました。夏に間に合って、よかったです。
本当の夏になってみないと、その効果も分かりませんけれど。自分的には気に入っています。
2016年04月24日 11:46
夏場、ハンドルカヴァーは役立ちそうですね。
使用効果を又いつか、報告の程を・・・・。
さくらいろ
2016年04月24日 23:00
まあ!こんな素敵なハンドルカバーは初めて見ました。
涼しげな色もハワイアンキルトもセンスがいいです。
フロントガラス側はどうなっているのかしら、と思いましたが
工夫がありますね。
オリジナルな感じがいいなあ、と感心しました。
手荒れなどで時間がかかって、お疲れさまです。
でも、こんな素敵な作品ができると嬉しいですね。
2016年04月24日 23:01
こんばんは!
ハンドルカバーをキルティングで作られたんですね。手が込んだ作品ですね。夏にふさわしい柄で素敵です。
夏場に間にあって重宝しそうですね。
りりい
2016年04月25日 09:58
yoshiさん.おはようございます。
このところ、気温が上がってきました。お出かけには早速役に立ちます。まだ、夏ほどの暑さではないですが、結構おしゃれな雰囲気です。自己満足ですが。
りりい
2016年04月25日 10:00
さくらいろさん、おはようございます。おかげさまで、暑くなる前に完成できました。簡単なデザインなので、すぐできると思います。ガラを替えても、また作れそうです。
りりい
2016年04月25日 10:18
ekoさん、こんにちは。
暑くなる前に完成して、よかったです。
これから役に立つ予定です。自己満足です。
2016年04月25日 19:44
りりいさんオリジナルのハンドルカバーなのですね。
とっても素敵です♪
この時季らしい色合いですね。
ハワイアン風も魅力的です。
これなら、暑さを凌げれるでしょう。
2016年04月25日 21:58
ハンドルが熱くならないためのカバーですか~!
私はいままで、考えたこともありませんでした。
いつも夏場は、ハンドルを指先だけでさわって我慢していました。(危ないですよね~)
車を離れているときでも見栄えが良いし、運転する方のお人柄を想像してしまいます。

我が家のシラン、まだ咲きません。
でも明日には咲いてくれるかな~?
りりい
2016年04月26日 09:29
ハーモニーさん、こんにちは。
これからの季節に重宝しそうです。
気休めかもしれませんね。
デザインが簡単なので、また、プレゼント用に作ってもいいかなと思っています。
りりい
2016年04月26日 09:33
カンツォーネさん、こんにちは。
お褒めいただき、ありがとうございます。
夏になると自転車の移動も汗をかくので、車の利用が増えてしまいます。軟弱な人間なので、運動不足になります。
ハンドルカバーでお出かけも楽しくなるかしら。
2016年05月03日 20:27
こんばんは。
ハンドルカバーとは良いアイディアですね。そう言えば真夏など屋外で駐車して居ると運転者は(主人ですが・・・)アツッと言いますね。簡単に被せることができて便利でしょうね♪  ところで上から二枚目の写真のバラの記事は見覚えがあると思ったら私が今着て居るエプロンと同じ柄なのでびっくりしました。姪っ子が縫ってくれたもので少し色褪せていますが愛用して居ます^^。

この記事へのトラックバック