梅シロップ & パッチワーク

梅の季節になりましたね。
我が家の梅も、一時は鈴なり状態でしたが、消毒をしていないので、
どんどん下に実が落ちたり、「コゴメ」という虫が付いたらしく、傷有りの
梅になってしまいました。

それでも、きれいな梅を選んで収穫し、義姉が梅酒を作りました。
梅干しにするための梅は、もう自前では足りないそうです。
JAの産直で買ってきたそうです。

それで、私も同じ梅を1kg買ってきて、梅シロップを作ることにしました。

<材料>   梅・・・1kg   氷砂糖・・・1kg
         ホワイトリカー・・・200ml
     ★梅ジュースの場合は、ホワイトリカーではなくて、食酢でいいようです。
     
最初は、梅ジュースを作るつもりでしたが、作り方の説明書を読んでいたら
ホワイトリカーの場合は、「梅シロップ」 と書いてあったので、せっかく家に
ホワイトリカーがちょうど220ml入りの小瓶があったので、それを利用することにしました。

画像


画像


<作り方>
① 新鮮な生梅をよく水洗いし、乾いた布巾で水気を拭き取る。
② 果実酒びんに梅と氷砂糖を交互に入れ、ホワイトリカー(または食酢)を
  静かに入れる。

画像


③ 3~4日すると、砂糖が溶けて、シロップが上がってくる。
  完全に砂糖が溶けるまで、毎日2~3回ゆすり、冷暗所に保存する。

  *もし、保存中に泡が出たら、しばらく瓶ごと冷水にひたしておく。

④ 約3~4週間ほどで、梅がしわしわになり、梅シロップの完成。
  *エキスの抽出された梅は、種と皮だけになるので、処分する。
   シロップは、冷暗所か冷蔵庫で保存する。

★家には、食酢でもグレープフルーツ味の「おいしい酢」があったのですが、
 ホワイトリカーの小瓶を使わないといけないと思い、こちらにしました。

瓶を振るのが楽しみです。

2つめは、パッチワークです。
先回、ハンドルカバーを作ったところ、友人にほめてもらったので、
同じタイプで、模様を少し替えて、もう一つ作りました。その友人に
プレゼントしようと思い、暑くなる前に完成させました。
ハワイアンキルトのハンドルカバーです。
前面

画像


モンステラの葉っぱとハイビスカスの花です。
裏面は、葉っぱだけです。

画像


10日ほど前に完成したのですが、職場が違うので、
なかなか渡すチャンスがありません。
明日は何とか渡したいと思っています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 21

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2016年06月02日 16:58
我が家にも梅好きな女性が一人います。昨年は梅干しを造らなかったので、今年は作りそうな予感。
おしゃれなハンドルカバーができましたね。これは喜ばれそうです。
さくらいろ
2016年06月02日 18:00
私も梅シロップを作っています。
でも、食酢を使ったので梅ジュースでしょうか。
夫の実家の梅の木から収穫するのですが、今年は
少なかったです。
昨年はたくさんあったので、ブランデー梅酒にしました。梅仕事は楽しいですね。

パッチワークも素敵です。
ハンドルカバー、いいアイディアと私も感心していましたから、プレゼントすると喜ばれると思います。
2016年06月02日 21:47
私も以前は梅酒やレモン酒等を作っていたのですが、最近は真夏も日本酒ばかり飲んでいます。
というか梅酒って、そんなにぐびぐひ飲むものじゃないですよね。

ハンドルカバー、二作目ですか、今回も夏向きの涼しげな作品が出来上がりましたね~。
りりい
2016年06月02日 22:41
長さん、こんばんは。
梅ですが、集まる日には重なるもので、夜、夫が仕事から帰宅したら、なんと手土産が梅でした!
職場にたくさん梅のいただき物があったのだそうです。もう1日早かったら、今日買わなかったのに~。
もうひと瓶つけられそうです。
りりい
2016年06月02日 22:47
さくらいろさん、こんばんは。
梅シロップとジュースの名前の違いはいろいろあるようです。シロップでも食酢のもあるみたい。
自分の畑で梅が実っているのに、買ってくるのも変ですね。ある程度は消毒をしないと、食べられる梅の実にはならないようです。
ブランデー梅酒は美味しそうな響きですね。
私は、市販の梅酒をほんの一口で酔っぱらい、倒れました。全く飲めないのも悲しいです。
りりい
2016年06月02日 22:52
カンツォーネさん、こんばんは。
梅酒と聞くだけで、何だか、爽やかな初夏というイメージですね。義兄は、梅酒では、物足りなさそうです。
夏は冷酒がいいみたい。
ハンドルカバー、ハワイアンキルトが合うかなと勝手にイメージして作りました。
2016年06月03日 10:45
梅シロップも梅酒もこの時季ならではの飲み物ですね。
盛夏には持って来いです。

ハンドルカバー、ご友人に差し上げるのですか?
きっと喜ばれるでしょう♪
何とも爽やか色合いですね。
りりい
2016年06月03日 18:45
毎日しばらくの間は瓶を振るように書いてあったので、朝は夫が、私は仕事から帰ってから振りました。笑
もう、1日で、少し梅の色が黄色くなってきました。変化が目に分かると、嬉しいですね。ハワイアンキルトを今日渡すことができました。すごく喜んでもらえて、作った甲斐がありました。
2016年06月04日 00:17
こんばんは!
梅シロップ、これからの季節にぴったりの飲み物で、良いですね。
ハンドルカバー、以前に見せて頂いた時良いアイデアと思いました。夏らしい爽やかな色合いで、ご友人喜ばれたことでしょうね。
りりい
2016年06月04日 09:03
ekoさん、おはようございます。
梅シロップですが、夫も楽しみらしく、起きたときと仕事から帰ったとき、瓶を振ってくれています(笑)。
昨日、ハンドルカバーを友達に渡せたのですが、その彼女はハワイアンキルトが大好きだったそうで、とても喜んでくれました。

この記事へのトラックバック