梅雨真っ最中

未明からの大雨です。
昨日の夕方、空っぽで外に出したままだったバケツに
水が半分近くまでたまっていました。

用事があるのですが、外出する気分になれません。

昨日まで妹の家に用事で行ったときに、お庭の花を写してきました。
まずは おしゃれな ”WELCOME "

画像


画像


若い人?(私より夫婦とも9歳下)らしいセンスだと思います。多分、義弟のセンスではないかしら。

花も何枚か写してきました。
ばら、ぎぼうし、キキョウ

画像


画像


画像


こちらはベゴニアの仲間でしょうか?正しい名前は知りません。

画像


後ろのアイアンアーチも素敵なデザインでした。

ペチュニア

画像


猫のアクセサリー (上の方が照明になるみたい)

画像


名前不明です。 葉を見ると、バラの仲間かしら?

画像


キンギョソウ

画像


花の後ろにある小さい馬の置物がアクセント。

ブッドレア   フジウツギ科   (和名:フジウツギ)
        (英名:バタフライ・ブッシュ・・・実際に蝶がよく来るらしい)

画像


全体像の写真を撮りませんでしたが、2m近くある、大きな木になってしまったようです)

親族の葬儀があって出かけたのですが、妹夫婦は大変忙しくしていました。
妹の義父の葬儀でした。本人の希望で、家族葬でおこないました。
それでも、ご兄弟がみんな遠方の方ばかりでしたが、かけつけてきてくださいました。

しかも、喪主である義兄も東京に住んでいて、てんてこまい。
亡くなられた当日にお悔やみに行き、翌日にはお通夜。
そして、家族葬に参列したのは初めてでした。

職場関係には連絡しないという家族葬だったので、それなりに静かにというか、
おごそかに行うことができました。
妹が主体になって介護などをしてきたので、本人にとって後悔はないのだと
思います。ただ、自分が姉として見て、妹の各方面への気配りには感心しました。
自分の仕事と両立しての介護は大変なものです。

それこそ、自分が介護されないで、うまく年を重ねていけるように
努力する必要を強く感じました。
      

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 28

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

2016年07月09日 22:10
ご親戚のご不幸があったのですね、お悔やみ申し上げます。
妹さん、お仕事と介護を両立されていたのですね。
お疲れさまでした。
お庭も明るくてモダンで、楽しいですね。

最近は家族葬が増えています。
我が家は既に両親も他界していますが、そろそろ自分たちのことも考えておかなければ..。
日頃家族で話し合っておくことも、必要かもしれませんね。
りりい
2016年07月10日 09:20
カンツォーネさん、コメントをありがとうございました。
私は3姉妹の真ん中で、上から順に嫁に出てしまい、妹がお婿さんをもらって、家の後をついでくれました。
その義弟の実家は愛媛県で、妹は義母が倒れてから1ヶ月に1~2回は飛行機でお世話しに通っていました。
今年の2月に両親を呼び寄せて、こちらの老人施設に夫婦で入ってもらいました。(そのときは義兄が名古屋勤務だった)元気だった父の体調が急変して、あっという間に上記のようなことになりました。
とても仲のよい両親、親子だったので、本当に寂しくなってしまったと思います。
2016年07月10日 17:18
ご親戚のご不幸お悔やみ申し上げます。
妹さんは仕事と介護両方をこなしていらしたのですか。大変だったことでしょうね。
この頃は仕事をリタイアしてからの期間が長くなって家族葬でされる方が増えましたね。
我が家も家族葬でするようにと息子たちに言ってあります。
自分のことが出来て最後まで元気で過ごしたいものですが、どうなることか分かりません。
2016年07月11日 19:34
ご親戚のご不幸、謹んでお悔やみ申し上げます。
妹さん、義父上を看られていたのですね。
お疲れ様でした。

私の母は亡くなって9年になりますが、家族葬でした。
母の兄弟と我が息子たち、そして親交のある方のみの葬儀でした。生前、それを望んでいましたので。
私たち夫婦も家族葬で充分です。

妹さんのお庭、素敵ですね♪
りりいさんとは9歳も離れているのですね。
りりい
2016年07月14日 15:03
ekoさん、コメントの返信が遅くて済みません。
指先がまたひどく荒れてきて、薬を付けても、まだ治りません。今は荒れると言うより、ちょうどキーボードを打つ指の内側に切れ込みが3カ所あって、つらいところです。
パッチワークの針も持つ気になれなくて、図案を描くなどをしています。
妹は、先に倒れた義母が半身不随の状態なので、施設に入ってもらってお世話になっているものの、常に通っています。がんばっています。
今回のことがあって、私も自分の身は自分で管理しなくては!と強く思いました。
りりい
2016年07月14日 15:10
ハーモニーさん、こんにちは。
亡くなった義父のご兄弟が多く、もともとは松山よりずっと山の方の出身でした。それで、進学や就職で各地へ移動されていましたが、駆けつけてくださいました。
家族葬といっても親族だけで結構な人数になりました。
これからは、ますますこういう形が増えていくのでしょう。
妹とは9才違い。妹が小学校1年の時、私は高校1年。あまり一緒に遊ぶことはなかったけれど、しっかりした頼りになる妹です。(私の出来が悪いだけ)
大変暑いですね。熱中症などにならないようお気を付けください。
2016年07月22日 21:29
妹さんのお義父様のご冥福をお祈り申し上げます。
妹さんはお仕事と遠くへの介護をこなされてらしたんですね。
本当にお疲れ様でした。そしてとてもご立派ですね〜!!
お庭はアイアンなどのグッズ使用でお花がきれいですね。

近頃は家族葬なさるお宅が多いですね。
一昨年妹1の旦那様の時や今年妹2のお姑さんの時も家族葬でした。
つい最近お隣のおばぁちゃまの時も、、。
だんだん、静かに厳かに見送りたいという風習が根付いてきたのでしょうか。
りりい
2016年07月22日 21:55
麦さん、こんばんは。
妹の義父は、もともと松山に住んでいて、今年の2月に、夫婦で施設に入るために
名古屋へ移ってきたばかり。喪主である長男と夫婦は東京在住なので、妹夫婦が介護も葬儀も中心になって進めました。
それでも、松山の本家に知らせたら、兄弟全部に連絡してくれたので。皆さんが名古屋までしてくださいました。
家族葬の形もいろいろです。
家族葬だと、ほかの家に行かないので、みんなが始めてということになり、葬儀屋さんに頼るしかありません。
老人が長命になり、社会の一線からリタイアして年数が経って、親族以外との関係も薄れるので、これで良いのだと思います。

この記事へのトラックバック