りりい

アクセスカウンタ

zoom RSS 小春日和

<<   作成日時 : 2016/11/17 19:41   >>

ナイス ブログ気持玉 22 / トラックバック 0 / コメント 12

日曜日に親戚の家へ、畑で採れた野菜や果物、芋などを
届けに行きました。
白菜、大根、かぶ、柿、サツマイモ、etc.

とっても喜んでもらえて、持って行った甲斐がありました
そこの庭に大きく背を伸ばして咲いていた皇帝ダリア。
まさに、名前通りのりっぱな姿をしていました。大きい木が2本ありました。
別名:木立(こだち)ダリア  キク科  「乙女の真心」

画像


画像


こちらは、火曜日に公民館へ行ったとき見つけました。
カリンです。一番下の実が大きくて、上の方はまだ小さかったです。
これから、まだ大きくなるのかしら?  バラ科

画像


画像


先日のスーパームーンは、楽しみにしていましたが、あいにくの雨でした。
前日十四夜の月も美しかったです。
そして、十六夜のスーパームーンです。11時過ぎに撮りました。
ほぼ真上に近いので、月の近くに映る物は何もなく、寂しい写真です。

画像


翌日の朝、西の空にまだ見えました。このときは、屋根などを入れて写せるなと
思いましたが、朝は忙しく、写真どころではありません。

今日は、早朝は寒かったですが、晴れていたので、気温がぐんぐん上昇。
JAへ行く用事は自転車です。風もそれほどなくて、快適でした。

途中で写真をパチリ。
サザンカとピラカンサ。
ピラカンサは実をびっしりとつけて、遠くから見ても真っ赤でよく分かりました。
サザンカ  ツバキ科  「謙譲、理想の恋」
ピラカンサ  バラ科  「慈悲」

画像


画像


画像


我が家の花です。
夏の初め頃に、挿し木で植えたオステオ・オスペルマムが
花を付けました、スプーン咲きです。
もとの花は、この夏の暑さに負けたのか、枯れてしまいました。
3本の挿し木をしたのは、全部元気に育っていますが、花を付けたのは
これが第1号です。大切に育てたいと思っています。
(挿し木をしておいて、よかった〜)

画像


ミカンは実がびっしり。摘果をしなかったので、小さい実ばかりです。

画像


この木の近くには、ほかに3本ぐらいミカンの木がありますが、なぜか、他の木は
元気がなく、実がほんの数個しかなっていません。

菊.色が鮮やかです。

画像


ビオラの苗をプランターに植えましたが、クリサンセマムの小さな芽が出ているので
それを避けて植えてあります。バランスが悪くなりました。

画像


おまけは、私が作った 酢ショウガ です。
体にいいと聞いて、ネットで見たとおりに作ってみました。
生姜は自家製で、今年は、とてもたくさん大きくなってくれました。

生姜は、たわしでよく洗い、狭い間に入っている土をきれいに取り除きます。
スライサーで薄切りにします。
広口の瓶に入れて、同量ぐらいの酢を入れます。
我が家は、お取り寄せで「おいしい酢」を購入していますので、
それを入れました。プラス蜂蜜です。

画像


「おいしい酢」にも蜂蜜は入っていますが、生姜の辛さを抑えたいので
蜂蜜も加えました。
1晩酢に漬けておき、試食。Goodでした。

半分ぐらい生姜が減ったところで、小さい赤カブが取ってきてあったので
これもスライスして追加しました。

酢生姜を、サラダのドレッシングの代用に使うので、すぐに減ってしまいます。
赤カブもマイルドな味になりました。

実は、これは、もう2回目です。
夫も気に入ってくれています。
「おいしい酢」について、詳しくは、この商品名で検索してみてください。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 22
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
木立ダリアとも呼ばれる皇帝ダリアは草丈が高くなり、まさに木のような姿になりますよね。今日の散歩で私も皇帝ダリアを撮ってきましたが、我が家の近くのものは例年より丈が低いのです。気候の関係で生育が悪かったようです。
長さん
2016/11/17 22:22
こんばんは!
皇帝ダリアが見られる季節になりましたね。背丈が高くて遠くからでもよく見えます。我が家の花も咲きだしました。
スプーン咲きのオステオスペルマム良いですね。
酢ショウガ体に良さそうですね。簡単そうなので作ってみようかしら。自家製生姜はないので買って来なければ…。
eko
2016/11/17 23:40
長さん、こんばんは。
この皇帝ダリアは、とても背が高くて後ろにある倉庫の屋根を越すぐらいでした。
幹は、まさに竹のように節があって、「これぞ、皇帝ダリア!」って感じがしました。
こんなに近くで見たのは初めてでした。
りりい
2016/11/18 19:44
ekoさん、こんばんは。
皇帝ダリアは秋空によく似合いますね。
酢ショウガですが、とても簡単ですし、体によいので、おすすめです。
赤カブと言っても、外側が赤いだけで、中味は白いのですが、酢ショウガに入れたら、ほんのりピンク色になり、ああ、酸性だわと理科の勉強を思い出しました。
りりい
2016/11/18 19:46
こんばんは。
お家で出来たお野菜は嬉しい頂き物ですよそこのお宅にも皇帝ダリアが咲いていたのですね。広いところでちょっと離れて眺めると全体が眺められますが我が家は狭い庭なのですぐにはお花に目が行きません。上を見あげると咲いているといった感じで・・・二階から見ると丁度いい具合なんですよ  地中にはお芋が残って居るので毎年勝手に芽を出しぐんぐん大きくなってお花を咲かせます。
お庭のスプーン咲きの菊は珍しいですね。挿し木で大きく出来たなんてすばらしいです♪
生姜と赤カブの甘酢漬けはハチミツ入りですからおいしいでしょうね。
のろばあさん
2016/11/18 21:52
お早うございます!
サザンカ、ピラカンサ、垣根の赤が目立つ時期になってきました。
今年は大きな台風の襲来が無かったので皇帝ダリやがあちこちに顔を出しています。
ミカンは生らせ過ぎは来年はダメでしょう。今年生らない木は来年期待出来ます。
酢ショウガ、健康にバッチリでしょう。
信徳
2016/11/19 05:44
私も昨日、今季初めて皇帝ダリアを見ました。
冬にこの花のピンクを見ると、ほっとします。
カリンの写真が人の顔に見えるのは、私だけかな〜?
酢ショウガ、美味しそう〜! 
カンツォーネ
2016/11/19 10:27
のろさん、おはようございます。
酢ショウガですが、赤カブを追加してみたらきれいなピンク色に変わり、まさに酸性だなと実感しました。
蜂蜜を加えてみたら、味がまろやかにあり、最高です。
量が減ると、もう一つの瓶にまた作って・・・。
昨日は、私が学芸会で出勤したら、夫が新たに1瓶作ってくれました。ありがとう。
りりい
2016/11/20 08:33
信徳さん、おはようございます。
ミカンは確かに生らせすぎですね。でも、他の木に実がならないので、このまま一生懸命食べます。
来年は、多分、今年不作だった木に実がなることを期待して。
酢ショウガを野菜サラダにかけて食べています。ドレッシング不要で、オイルフリーです。
りりい
2016/11/20 08:35
カンツォーネさん、おはようございます。
花梨が人の顔に見えましたか?言われてみて見直したけど、う〜ん、そうかしら?って感じです。
これを見ていたら、フォックスフェイスという木の実を思い出しました。こちらは、狐の頭の形をした黄色い実です。
肌つやは、花梨とよく似ています。
酢生姜、オススメです。
りりい
2016/11/20 08:38
こんばんは。
畑の作物、ご親戚の方喜ばれたことでしょうね。
我が家の皇帝ダリアは夫がうっかり剪定をしてしまいました。
せっかく蕾を七個ほど付けてたんですよ(涙)
スーパームーンの当日は雨だったので、翌日観ることが出来ました。写真は撮らずでした。。
ステオ・オスペルマム、挿し木で着いたのですね。可愛い花です。
みかんもたわわに実を付けて良いですね。美味しいでしょう?
カリンは、私は食せないのですよ。バラ科の植物は全てNGなんです。アレルギーが全身に出て、口の中まで腫れてしまうのです。
「おいしい酢」、我が家でも使っていますよ。あれは便利で美味しいですね。
ハーモニー
2016/11/21 19:43
ハーモニーさん、こんばんは。
コメントに気付いていなくて、今頃申し訳ありません。
肩を痛められて、しばらくお休みでしたね。
お大事にしてください。ゆっくり養生するのが一番。
わたしも2年前に左肩を痛めて、約1年間近く整形外科に通院しました。
リハビリ通いも時間がかかるので楽じゃない。
でも、いつの間にか気にならなくなりました。
体操だけは、自分で気をつけてやるように心がけています。
りりい
2016/12/08 18:58

コメントする help

ニックネーム
本 文
小春日和 りりい/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる