黒壁スクエアと三方五湖レインボーライン

21日(土)に、日帰りバスツアーで滋賀県長浜の黒壁スクエアと
福井県若狭の三方五湖レインボーラインのツアーへ行ってきました。

早朝7:15に集合(早い!)
伊勢湾岸自動車道の豊田南インターから高速に乗り、
名古屋高速~名神HWへと進み、米原インターで下りました。

そして、最初の目的地の黒壁スクエアに向かいました。
JR長浜駅周辺の伝統的建造物群で、黒壁ガラス館を中心にフィギュア館、
曳山博物館など見所があります。

自由行動時間が50分ありました。
最初にガラス館に入ったので、お土産になにかあるかなと思っていたら、
いつの間にか人が少なくなっていて、みなさん別の場所へと移動してしまったよ~。

画像


アーケードの上にあるのが歌舞伎のような人形になっています。

画像


画像


↑ 海洋堂フィギュアミュージアムと書いてあります。若者が入って行きました。

シバザクラがぎっしり。色鮮やかです。

画像


こちらは、ライラックでしょうか。

画像


スクエアの奥の方にあるのは大道寺。真宗大谷派の大きなお寺です。

山門と本堂

画像


画像


空は快晴です。暑くなってきました。

林檎の花かしら、少し大きいからアンズかしら?

画像


画像


鉢植えの花があちらこちらに置いてあり、観光客の目を楽しませてくれています。

画像


↑ このアーケード街は歴史を感じました。看板には、
壱番街祝町通りアーケードと書いてありました。

曳山博物館には入りませんでしたが、後で夫がとても良かったよと
感想を聞かせてくれました。1週間4月15日に曳山まつりがあったそうで、
大手町では、大きな山車をきれいに拭き、磨き、片付けをしていました。

再びバスに乗り、一路福井県へと向かいます。
思ったより近くて、じきに若狭湾が見えてきました。

画像


敦賀市から西に向かい、三方五湖レインボーラインです。
三方五湖は、若狭湾国定公園で、ラムサール条約に登録されています。
五つの湖は、異なる塩分濃度で五色の湖と呼ばれ、海水魚から
淡水魚まで様々な魚が生息しています。(パンフレットより抜粋)

駐車場でバスを降りて、山頂公園へ移動します。
ケーブルで行くかリフトに乗るか、個人で選択です。
観光バス5台分の客が一気に切符売り場に来たので大混雑。
もともと来ていたお客さんもあり、長蛇の列になってしまいました。

山頂公園の西の展望台では、日本海側では珍しいリアス式海岸が見られます。
「わが袖に 潮干に見えぬ 沖の石の 人こそ知らぬ 乾く間もなし」  
                              千載集より(二条院讃岐)

画像


画像


湖の水の色の違いが分かりますでしょうか?肉眼ではよく見えました。
塩分濃度の違いで、水の色の違いが分かるとは、初めて知りました。

山頂公園には、めだか村(池)、バラ園(開花前なので、写真はありません)、などなど

画像


この山頂は、標高400mの梅丈岳にあるのですが、ここで、なぜ「めだか村」
なのか、理解に苦しむけど・・・。

五木の園(敦賀は、五木ひろしさんの故郷)では、彼の歌が流れていました。

画像


東の展望台へ行くと、越前岬から敦賀半島、白山など360度の絶景が楽しめる
そうですが、あいにく遠くの方はかすんでいて、そこまでの展望は無理でした。

「若狭なる 三方の海の 浜清み いゆきかへらひ 見れど 飽きぬかも」
             万葉集 (詠み人知らず)

白い桜 まっすぐ上へと枝が伸びていました。

画像


シャクナゲ  ツツジ科  花言葉「威厳」

画像


イカリソウ  だと思います。実物を見たのは初めてです。

画像


帰りもリフトに乗りました。足元を見ると震えが来そうです。
上りよりも怖い~。それでも勇気を出してスマホを手にしました。

画像


駐車場に来ましたが、集合時間には時間が少しあったので、少し散策。
藤棚が何カ所かありました。
フジ   マメ科  「恋に酔う、懐かしい思い出」

画像


この木がたくさんありました。枝の先に、茶色のはなにでしょう?

画像


久しぶりのバスツアーでしたが、好天に恵まれて楽しい旅行になりました。
この日は結構暑い日で、バスの車内では冷房が効いていました。
ドライバーさんが、運転の上手な方で、急ブレーキは一度もなく
狭い道路を曲がるときもバッチリ!

お別れするとき、特別にお礼の言葉を伝えました。
安心、安全運転は何よりですね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 19

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2018年04月24日 17:51
こんにちは!
黒壁スクエアは何度か個人で行きました。アーケード街は見るお店が沢山あって楽しいですね。
大道寺はアセビが有名だそうです。その季節に行ってないので分かりませんが、友人が綺麗だったといっていました。ハス池もあったようなのでその季節も良いかもしれません。
三方五湖も良いですね。水の色が違うのも面白いです。山頂公園の展望台からの眺めは綺麗ですね。この季節は霞がかかるのでそれが少し残念かもしれません。
好天に恵まれて良いバスツアーでしたね。
2018年04月24日 21:04
若狭湾というとすぐ思い出すのは「原発銀座」。こんな風光明媚なところが汚染されないようにしたいものです。
2018年04月25日 06:02
三方五湖、海が仕切られて湖になったのでしょうが山が近いので山側から塩分が低いのでしょう。
淡水魚から海水魚まで見られるとの事、面白いですね。もっとも鮭などは両方で生きられるのですから不思議ではないのかも知れません。
りりい
2018年04月25日 08:25
ekoさん、おはようございます。
大道寺のハスは、まだ季節ではないので、枯れた茎がつんつんと伸びて水面から出ていました。
夫は博物館とお寺の共通なんとか券を買ったそうで、どちらもよかったと言っていました。(自由行動の時は、別行動です)
山頂公園の眺めは素晴らしく、気持ちが晴れ晴れとして、気持ちが良かったです。
りりい
2018年04月25日 08:28
長さん、コメントをありがとうございます。
ガイドさんが原発について少し説明をしていました。
最近のバスガイドさんは、昔のように右は・・左は・・という話をほとんどしませんね。
でも、今回のガイドさんは経験もある方で、程よく説明を入れてくれていました。
新潟県知事さんも原発のことでは心残りだったでしょうね。
りりい
2018年04月25日 08:33
信徳さん、コメントをありがとうございます。
三方五湖へは10年余り前に一度訪れていますが、小雨で煙っていて、景色は全然楽しめなかったので、やはり旅行は晴れに限ると思いました。
塩分濃度の違いで水の色が変わるということは、湖の中の植物や魚などにも違いがあるんでしょうね。
2018年04月25日 14:37
長浜の壱番街祝町通りアーケード 風格有りますね。
三方五湖も風光明媚な所で、素敵なバスツアーでしたね。
寿命も延びるというもんです。
りりい
2018年04月26日 08:37
yoshiさん、こんにちは。
コメントをありがとうございました。
滋賀県は愛知から近く、日帰り旅行とか、京都への旅で寄り道するなど、行きやすい所です。
HW周辺の水田では、トラクターが田んぼの代掻きをしていました。近江米の産地ですね。
2018年04月27日 22:11
天気が良く、バスの運転も快適で、素敵な旅行でしたね。
福井県は一度も行ったことがなく、石川県と併せて一度は行きたいなと思っています。
今の時季は、どこへ行っても花がいっぱいで、楽しいですね~。
2018年04月29日 01:03
山頂公園、私も行ったことがあります。
めだかの学校、私も???となりました。
五木ひろしの歌が流れる場所も覚えています。
景色が良く、不思議もありつつ、
楽しめる場所でした。
バスツアー、お天気が良くて
景色も最高ですね♪
りりい
2018年04月30日 11:19
カンツォーネさん、こんにちは。
GW前半、いかがお過ごしでしょうか?
私は、「晴れときどきファーム」で、野菜に水やりをしたり草取りしたり、ちょこっと作業をしたりとのんびりしています。
愛知からだと、北陸は近いのですが、なかなか行く機会はありません。金沢は東京からも新幹線で行けるようになりましたね。
りりい
2018年04月30日 11:21
ツェツェさん、こんにちは。お天気に恵まれて楽しくツアーができました。
北陸や山陰地方は、秋に行くと、よく「弁当忘れても傘忘れるな」と言われますが、この時期ならまず大丈夫ですね。

この記事へのトラックバック