キルト展

名古屋のデパート、マルエイでキルト展が開催されています。
パッチワークの先生から入場券をいただいていたので、楽しみにしていました。

丸栄創業400周年記念 「時代を彩るキルト展」 
ー全国各地で活躍のキルト作家がそれぞれの感性で「時代」を表現した
作品を展示しているとのことでした。

画像


会場の入り口には、デパートのマルエイの巨大なキルトが飾られていました。
よく見ると、小さな人間もキルトです。

縦横、それぞれ1辺がたぶん2.5m~3mぐらいはあったと思います。

画像


10時開店のところ、少し遅れて入ったので、大入り満員状態でした。(土曜日の朝)
ホームページによると、入場券に載っている作品は、左から
切り子の「柄」、 江戸の「粋」、古布を「彩る」、悠久の「命」 を表現しているようです。

中の作品は、例によって撮影禁止なので残念です。
「時代」がテーマになっていることと関係してかと思いますが、
浮世絵きるとの浅野裕子さんの作品が展示されていました。(愛知県あま市)
写真は撮れなかったけれど、浅野さんのブログにはたくさんの作品が紹介されています。
題材は、役者絵、美人画・・・が細かくアップリケされています。文字は黒糸で刺繍してあります。

画像


ブログには、この作品の製作過程が紹介されています。写真は、コピーさせていただきました。
8月22日 布をピーシングしたところのようです。

画像


9月9日・・・着物に模様がついてきています。

画像


10月12日 ・・・完成 (1ヶ月で、こんなにも進められるとは、感動です)

画像


浮世絵きるとに興味のある方は、ぜひブログにアクセスされると、たくさんの作品に
出会うことができますよ。

今回は、和のキルト作品が多くて、家紋、着物キルト、お正月、七福神、扇、
日本の原風景などの図案をたくさん見てきました。
素材としては、縮緬、紬、銘仙、絹。また帯地を再利用した作品も目を引きました。

春に行ったタカシマヤでのキルト展もそうですが、ミシンキルトも多かったです。
大作なら尚更のこと。縫うところが多く、上手にミシンを取り入れられたらいいなと
思うのですが、初心者の私には、まだ手が出ません。

・・・・・
最近の我が家と近所の秋の花を少し紹介します。

ツワブキ 石蕗 (キク科) 「困難に負けない」

画像


まだ花の形がしっかり残っていたアジサイ

画像


植木鉢のオアステオ・スペルマム  夏中咲いていて一休みしていましたが、涼しくなって
1個だけ花が咲きました。

画像


セッコク 返り咲きというか、秋咲きのもあるそうです。
新たに2つ咲きました。ゆっくり咲いてくれました。

画像


シコンノボタン  (ノボタン科)  「平静」
昨年、短く剪定しすぎてしまい、もう今年は咲かないかも知れないと
心配していました。10月になって、やっと1つか2つずつ、これもゆっくりと咲きます。
色が濃紺で、素敵です。

画像


ナデシコ  たくさん種を蒔いたので、混み合っています。
強いのだけが咲けるのでしょうか?

画像


画像


画像


ミセバヤ   (ベンケイソウ科)  「静穏」・・小さい花の集まりです。

画像


母が、黒大豆を収穫してきてくれました。軽く塩ゆでして「枝豆」として食べます。
先回の普通の大豆の枝豆より、 味が深い気がしました。

画像

"キルト展" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント