秋の花便り

10月8日は二十四節気の「寒露」でした。
知らぬ間に、その日を通り過ごしてしまいました・・・。

「寒露」・・・本格的な秋になって、大気の冷気が強まり、
梅雨が凍り始める。冬鳥の渡りが見られ、コオロギなどの鳴き声が
聞こえなくなるころ。

暑さ寒さの変化に敏感な私。すぐに鼻にきます。
今回は、胃腸にも変化が起こり、昨日は内科へ受診しました。
今日は、敏感な鼻が活動して、ティッシュが手放せません。

昨日の内科医院の庭で見つけた花です。
ルドベキア  キク科 「正義、公正、あなたを見つめる」

画像


元気が出そうな花の色です。
その隣に、チェリーセージ  シソ科  「燃える思い、尊重、知恵」
*葉をもむと、チェリーのような甘い香りがすることから、名付けられたそうです。

画像


アメリカフヨウ ?  でいいでしょうか?
とても大きな花です。ショッキングピンクで、遠くからでもよく目立ちました。
アオイ科  「日ごとの美しさ」

画像


画像


我が家の裏庭にあるキンモクセイが、やっと満開になりました。
甘い香りを漂わせています。

画像


今日は、町内の秋の祭礼です。
残念ながら、午後から雨になってしまいました。
でも、小降りだったので、先ほど子ども会を中心に、おみこしが通りました。
町内会の役員さん、子ども会の役員さんも一緒に歩かれてお疲れ様でした。

おみこしは、町内の狭い道と、旧東海道を通って行きます。
土曜日とはいえ、車の通行もあって、交通指導も大変だったと思います。
我が家は、東海道に面しているので、お祝儀を渡して応援しました。

"秋の花便り" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント